@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デッサウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デッサウ
Dessau
ドイツ中北部,ザクセンアンハルト州の都市。ハレの北北東約 40km,エルベの支流ムルデ川に臨む。 13世紀に市となり,15世紀末頃からアンハルト伯 (のち公) 家の居地。 1863~1945年にはアンハルト州の州都。 18世紀に建てられた城にはロココ様式の美術館があり,ルーベンスティツィアーノ,ファン・ダイクなどの絵を所蔵する。 1925~32年には W.グロピウスバウハウスがここに置かれた。河港をもち,第2次世界大戦前は大規模な航空機工場が立地した。現在は兵器廠,自動車,機械,化学などの工場があるほか,ムルデ川とエルベ川の合流地点には造船工場もある。バウハウスの作品群はワイマールのそれらとともに,1996年世界遺産の文化遺産に登録。人口9万 6754 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

デッサウ(Dessau)
ドイツ中東部、ザクセン‐アンハルト州の工業都市。旧東ドイツに属した。1925年、建築家ワルター=グロピウスが創立した総合造形学校バウハウスワイマールより移転、1932年まで置かれた。現在残っている関連建築群が1996年に世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

デッサウ【Dessau】
ドイツ中部,ザクセン・アンハルト州の都市。人口9万5000(1991)。エルベ川とムルデMulde川の合流点に位置。機械・車両製造,食品工業があるが,ハレからビターフェルトBitterfeldにかけての化学工業地帯の住宅地として近年急速に発達した。建市は1180年ごろ,1918年までアンハルトAnhalt侯爵領の首都であった。1774年バゼドーがここに人間愛に基づく新しい学校〈フィラントロピンPhilanthropin〉を設立し,ヨーロッパの学校教育に新風をまきおこした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デッサウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デッサウの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation