@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デフォー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デフォー
Defoe, Daniel
[生]1660. ロンドン
[没]1731.4.24. ロンドン
イギリスのジャーナリスト,小説家。初め工場経営などをしていたが,1702年非国教徒側に立って風刺文『非国教徒処理捷径』 The Shortest Way with the Dissentersを著わしたのをはじめとして,当時の政党,宗派対立のなかで多数のパンフレット類を執筆,04年には新聞『レビュー』 The Reviewを発刊,ジャーナリズムの草創期に重要な貢献をした。最も有名な著作はイギリス小説の草分けとされる『ロビンソン・クルーソー』 Robinson Crusoe (1719) 。ほかに『モル・フランダーズ』 Moll Flanders (22) ,『疫病流行記』A Journal of the Plague Year (22) ,『ジャック大佐』 Colonel Jack (22) など多数の作品を残している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

デフォー(Daniel Defoe)
[1660ころ~1731]英国の小説家・ジャーナリスト。週刊誌「レビュー」を主宰、政治評論に活躍。晩年になって、写実小説開拓。「ロビンソン=クルーソー」は58歳ころに発表した作品。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

デフォー【Daniel Defoe】
1660‐1731
イギリスのジャーナリスト,小説家。ロンドンの商人ジェームズ・フォーの子として生まれ,郊外にあった非国教徒の学校で教育を受けた。聖職者を志すが,果たさずに商人となる。ウィリアム3即位のころ,デフォーと改姓し文筆活動を始める。《企画論》(1697)を著して世に出,さらに外国生れのウィリアム3世への悪口に対抗して王を弁護した風刺詩《生れの正しいイギリス人》(1701)を発表して一躍名をなした。しかしウィリアム3世の死後,極端なトーリー的立場を風刺した文章《非国教徒処理の捷径(しようけい)》(1702)のために捕らえられ,3日間のさらし台に処せられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

デフォー
でふぉー
Daniel Defoe
(1660?―1731)

イギリスの小説家、ジャーナリスト。本名Foe。商人の子としてロンドンに生まれ、衣料雑貨商を営んだこともあるが、1701年に政治風刺詩『生粋(きっすい)のイギリス人』を書いてオランダ系の当時の国王ウィリアム3世を弁護し、政党対立する時代の政治ジャーナリズムに入る。一貫して非国教徒の商人階級の味方の立場をとったが、反対派はかならずしもそうはみず、金に動かされる御用作家だと攻撃した。

 非国教徒を徹底的に弾圧せよと主張するふりをして、弾圧の愚かさをかえって強く訴えるパンフレット『非国教徒処理の近道』(1702)を書いて政府ににらまれて投獄され、さらし台に立たされたが、民衆には支持された。1704年には個人新聞『レビュー』を創刊し、以後10年近くにわたって週3回刊のこの新聞のため論説を書き、イギリス商業、貿易の策や商人道徳、宗教問題を論じた。ほぼ同じころ、有力な政治家ロバート・ハーリー(後の首相)の情報係としても秘密の活動を続け、スコットランドに赴いて、スコットランドとイングランドの統一問題の舞台裏で働いている。

 しかし、今日、彼のもっとも有名な作品は『ロビンソン・クルーソー』であり、1719年これを発表してから、散文による物語を次々に書くようになった。環境のせいもあって、さまざまの罪を重ね、男を遍歴する女性モルの自伝という形式の小説『モル・フランダーズ』(1722)は、逆境をたくましく生きるあばずれ女モルと当時の下層階級を写実的に描き、『ロクサナ』(1724)も同様に自伝の形で、5人の子をもちながら夫に捨てられ、大陸まで放浪して生きていく女の話である。彼の作品の多くは自伝形式をとり、さまざまの悪を経験したのちに、やがて悔い改める話であって、当時の犯罪実話や冒険記にキリスト教的な堕落、苦悩、悔悟を綴(つづ)る教訓的自伝のパターンを重ね合わせたものである。これらの散文物語とやや趣(おもむき)を異にするのが『疫病年日誌』(1722/邦訳名『疫病流行記』『ペスト』)で、17世紀後半にロンドンで大流行したペストに苦しむ人たちのありさまを一市民が記録した日誌という形であるが、冷静かつ詳細な観察のなかにペストを神の試練としてとらえており、彼の多面的で複雑な性格をよく示している。また、『グレート・ブリテン島周遊記』(1724~1727)は、産業革命前夜の各地の産業実態が描かれ、貴重な史料である。『完全なイギリス商人』(1726~1727)は、商業を志す若者に商人道、心得を説いたものである。

[岡 照雄]

『泉谷治訳『疫病流行記』(1967・現代思潮社)』『平井正穂訳『ペスト』(中公文庫)』『伊沢龍雄訳『モル・フランダース』全2冊(岩波文庫)』『サザランド著、織田稔訳『デフォー』(1971・研究社出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

デフォー
(Daniel Defoe ダニエル━) イギリスの小説家、ジャーナリスト。政党政治の渦中でジャーナリストとして活躍、その諷刺記事が筆禍事件を起こす。晩年には物語を手がけ、イギリス小説全盛期の先駆をなした。小説「ロビンソン=クルーソー」で知られる。(一六六〇頃‐一七三一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

デフォー
Daniel Defoe
1660〜1731
イギリスのジャーナリスト・小説家
実業界やジャーナリズムで活躍したが,彼の名を不朽にしたのは『ロビンソンクルーソー』(1719)で,中産階級の活発な行動力を大いに賛美した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デフォー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デフォーの関連情報

関連キーワード

はは六つのパルティータ買米ファルネーゼ家ティエポロ日夏繁高チャールズ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation