@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デフレスパイラル

デジタル大辞泉

デフレ‐スパイラル
deflationary spiralから》物価下落と利益減少が繰り返される深刻な状況。デフレによる物価下落で企業収益が悪化人員賃金が削減され、それに伴って失業増加需要減衰が起こり、さらにデフレが進むという連鎖的な悪循環のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイジェイFX用語集

デフレスパイラル
物価下落が不況を招き、不況がさらに物価下落につながるといった悪循環の事です。

出典:ワイジェイFX株式会社
Copyright © 2003-2014 YJFX, Inc. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。
尚、本件サービスの利用に際し、実際に外国為替証拠金取引(FX)の取引を行う場合は、自己の責任において行うようお願い致します。また、取引について発生した損害について弊社は一切保証致しません。

大辞林 第三版

デフレスパイラル
物価の下落が企業収益・生産の縮小を引き起こし、それがさらに物価の下落を招くという景気後退の悪循環に陥ること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

デフレスパイラル
でふれすぱいらる
deflationary spiral
需要減退→物価下落→企業採算悪化→リストラによる人員整理→所得減少→さらなる需要減退という形でデフレが進行すること。1990年代前半に「価格破壊」という言葉が流行したが、それは価格が高すぎるから需要が少なく景気が悪いので、デフレによって価格が下がれば需要が増加して好況に戻るとみていたものである。デフレを市場メカニズム(価格の需給をバランスさせる機能)による一時的現象とみたもので、それ以後の不況はデフレスパイラルとみるのが正しいであろう。[一杉哲也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デフレスパイラル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デフレスパイラルの関連情報

関連キーワード

銀河(天体)デフレギャップデフレギャップスパイラル開発槙文彦上原ひろみ螺旋状ボール螺旋(螺線)ガボアンテナ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation