@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デブレツェン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デブレツェン
Debrecen
ハンガリー東部の中心都市。古い市場町で,都市権獲得は 14世紀。オスマン帝国占領時代の 16世紀には交易学芸,政治の中心地として発展ハンガリーに伝播した新教拠点となり,「カルバン派ローマ」の別名を得た。 1848~49年の独立戦争の際にはコシュートの共和政権の所在地となり,第2次世界大戦末期には反ナチスの臨時政府がこの地で成立。現在は農産物,畜産物の集散地で,交通の要地でもある。ハンガリー最古の印刷所 (1561) ,カルバン派の大聖堂がある。人口 21万 3927 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

デブレツェン(Debrecen)
ハンガリー東部の都市。首都ブダペストに次ぐ同国第二の都市。中世より交易の要地として発展。14世紀の宗教改革において、カルバン主義派の拠点となった。1848年から翌年にかけてのハンガリー革命と独立戦争期には一時的に首都になり、また、第二次大戦末期にはソ連の支援を受けた反ナチス政権の臨時政府が置かれた。デブレツェン大学、改革派大教会などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

デブレツェン【Debrecen】
ハンガリー大平原東部にあるハンガリー第2の都市。ハイドゥー・ビハル県の県都。人口21万1000(1996)。ティサ川以東のハンガリーの経済・文化上の中心地。1361年に都市の特権を獲得。16世紀のオスマン・トルコ侵入によりハンガリーが三分割されたとき,3地域の接点に位置することになり,相対的に高い自治を有し,16~17世紀には農業地帯の中心地として商業上の重要性を増した。自由な土地所有農民が集まり,商工業ギルドも成長,都市の領域も広がった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

デブレツェン
でぶれつぇん
Debrecen

ハンガリー東部、ハイドゥー・ビハル県の県都。首都ブダペスト東方約190キロメートルにある同国第二の都市。人口21万1034(2001)。内外への鉄道の結節地点で、東部の経済、文化、政治の中心地である。医薬品、医療機器、食品、皮革、たばこなどの諸工業がある。大学(1550ころ創立)、アカデミー、図書館がある。民俗博物館は、ウィーンの豪商デリの遺贈品、内外の宝石、貴金属美術品、武具などの膨大なコレクションで有名である。

[古藤田一雄]

歴史

10世紀ごろにマジャール人が占領するまではスラブ人が住んでいた。1361年判事選出の自由、市場開催権などの都市権を獲得し、市場町としての基礎を確立する。オスマン・トルコの侵入により国土が三分割(1541)され、多くの都市が没落・衰退したなかで、ウシの輸出と手工業の発達に支えられて16~17世紀にはオルフェルド(大平原)の重要な交易都市に発展した。また新教徒(カルバン派)の中心地となり、1550年ごろの大学の創立(1912年設立のラヨシュ・コシュート大学を経て現デブレツェン大学に引き継がれる)、1561年の印刷所の設立によって、マジャール語の聖書や説話文学書(詩、物語、戯曲)などが刊行され、教育・文化の普及、さらには民族独立への民衆の政治思想の啓蒙(けいもう)に多大な影響を与えた。1693年には自由王国都市の称号を得て、市政の自治が保障されるようになった。

 1848年、パリの二月革命に刺激されてハンガリー最初の自主責任内閣が樹立されたが、オーストリア皇帝軍の反撃を受けて政府と議会をデブレツェンに移し、49年4月14日ハプスブルク家のハンガリー王位の廃絶とハンガリーの独立を宣言した。しかし自国の安全に不安を抱いたロシア軍の介入を招き、蔵相兼国防委員会議長コシュートの呼びかけに応じた国民軍の善戦もむなしく、この独立戦争は失敗に終わった。第二次世界大戦末期の1944年12月22日、反ナチの臨時政府がソ連軍の解放したこの地に樹立され、同月28日には対独宣戦が布告されて、ふたたび自由と独立の拠点として重要な歴史的役割を演じた。

[古藤田一雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デブレツェン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デブレツェンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation