@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デメトリオス1世[バクトリア]【デメトリオスいっせい[バクトリア]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デメトリオス1世[バクトリア]
デメトリオスいっせい[バクトリア]
Dēmētrios I
バクトリア王 (在位前 190~167頃) 。エウチデモス1世の子。アラコシアとドランギニアを王国に加え,北部インド地方にまで進攻してギリシア,インド両民族の融合というアレクサンドロス3世 (大王) の理想を追求したといわれる。このことは彼の鋳造した貨幣ギリシア語プラークリット語とのが並び存することにもうかがわれるが,前 167年頃暗殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デメトリオス1世[バクトリア]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デメトリオス1世[バクトリア]の関連情報

関連キーワード

鑑定留置桓帝争点証拠整理手続桓帝トリブツム時効副市町村長民事執行法民主主義指数エルビウム

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation