@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デュ・ボア・レイモン【でゅぼあれいもん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

デュ・ボア・レイモン
でゅぼあれいもん
Emil Heinrich Du Bois-Reymond
(1818―1896)
ドイツの生理学者。フランス人を両親とし、ベルリンに生まれる。ベルリン大学とボン大学で哲学、のちに化学、物理学、数学、地質学を学び、やがて生理学に専心し、ベルリン大学でミュラーJ. P. Mllerに師事しその助手となった。1858年ミュラーの死とともにベルリン大学生理学教授となり、その後、ベルリン大学総長をも務めた。当時、生物電気発生をめぐってガルバーニL. GalvaniとボルタA. Voltaとの間に論争があったが、彼は改良した電流計を用いて、直接、筋肉から興奮時に流れる電流を記録し、活動電流の存在を証明した。このほか、不分極性電極、誘導コイルなどを用いて多くの研究を行い、電気生理学の領域を開拓した。また科学の普及に努め、思想家としても活動し、認識の限界性を主張して不可知論の立場をとった。主著に『自然認識の限界』ber die Grenzen der Naturerkenntnis(1872)、『宇宙の七つの謎(なぞ)Die sieben Weltrtsel(1882)ほかがある。[村上 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュ・ボア・レイモン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デュ・ボア・レイモンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation