@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デューイ(John Dewey)【でゅーい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

デューイ(John Dewey)
でゅーい
John Dewey
(1859―1952)

アメリカの哲学者、教育学者。10月20日バーモント州バーリントンに生まれる。バーモント大学、ジョンズ・ホプキンズ大学に学び、やがてミシガン大学哲学科教授(1889)、シカゴ大学教授(1898)となった。シカゴ大学では自分の思想に基づく実験学校を7年半にわたって経営し、哲学上ではいわゆるシカゴ学派の中心人物として活動した。1904年コロンビア大学に移り、以後退職(1930)に至るまで哲学教授の地位にとどまった。思想的な活動範囲が広く、哲学、教育学をはじめ、倫理学、社会哲学、心理学、およびサッコ‐バンゼッティ事件での被告擁護の立場にみられるような市民的自由のための言論や活動にも及んだ。1920年代には中国、日本、トルコ、メキシコ、ソ連(当時)などを訪問し、各国の教育思想に強い影響を及ぼした。

 思想的には当初ヘーゲルの影響が強かったが、やがてウィリアム・ジェームズによってプラグマティズム、つまり、思考や思想の意味を実際的な結果に関係づけて決定するという立場に導かれた。これがやがて独特の実験主義experimentalismまたは道具主義instrumentalismとよばれるものに発展した。これは、一般に観念は不確定な問題状況を解決するための仮説、実験的な計画であり、したがって知識というのも、事物を有効に処理するための手段instrumentとみなすという考え方である。この考え方は当然、哲学上のいわゆる合理主義的な存在論の伝統に対しては、際だって経験主義的な特徴をもつ。その意味で経験の哲学philosophy of experienceともよばれる。しかし、デューイの「経験」は、生活体と環境との間で経験が生ずるという通常の二元論的な考え方に対しては、むしろ一元的な「働きとしての経験」、つまり、経験における相互作用interactionと継続性continuityを重んずるものであり、その意味でまた「動的一元論」ともよばれる。

 彼のこうした思想は、おそらく彼の最大の関心事であった教育問題に関してもっとも影響力をもつ形で展開された。教育は「経験の意味を増し、また後に続く経験の過程を導く能力を増加するところの経験の再構造化reconstructionないし再組織化reorganizationである」と説明される。その意味でそれは生活体の成長growthであるともいわれる。こうして教育は、従来ともすれば陥りがちであった知識中心でもなく、環境中心でもなく、教師中心でもなく、児童中心ですらないところの、いわば生活中心、成長中心であるべきものとして強調された。また、方法的には、子供の自発的な興味と活動、作業による学習、問題解決としての学習などが重視された。こうして、一般的に知識においても社会生活においても、絶対主義absolutism的な考え方や態度が排除されて、かわって実験主義的で民主主義的な考え方や態度の育つことが期待されたのである。

 著作は数多いが、日本でよく知られている『民主主義と教育』(1916)、『学校と社会』(1899)、『経験と教育』(1938)などのほか、『心理学』(1887)、『倫理学』(共著・1908)、『哲学の再建』(1920)、『人間性と行為』(1922)、『確実性の探究』(1929)などがある。1952年6月1日没。

[村井 実]

『植田清次訳『確実性の探究』(1950/改訂版・1963・春秋社)』『松野安男訳『民主主義と教育』(岩波文庫)』『宮原誠一訳『学校と社会』(岩波文庫)』『市村尚久訳『経験と教育』(講談社学術文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デューイ(John Dewey)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デューイ(John Dewey)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation