@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デューベリー【でゅーべりー】

世界大百科事典 第2版

でゅーべりー【デューベリー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

デューベリー
でゅーべりー
dewberry
[学] Rubus

バラ科(APG分類:バラ科)キイチゴ属の小果樹の一群。ラズベリーraspberry、ブラックベリーblack berryとともにブランブルbramblesと総称されるが、いずれも多くの種子があり、しかも雑種性が高く、分類は紛らわしい。ビロサス種R. villosus Ait.、トリビアリス種R. trivialis Michx.、ビティフォリウス種R. vitifolius Cham. et Schlecht.などを主体とする。茎は細く、地をはう。花は花房にまばらにつき、中心の花から開花する。果実は集合果で、晩夏から秋に黒く熟し、花托(かたく)からは離れにくい。甘酸っぱく、生食(せいしょく)、パイなどに利用する。アメリカのミシガン州、ニューヨーク州などで多く栽培され、日本では中部地方以西のやや暖かい所が適地とされる。

[飯塚宗夫 2020年1月21日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デューベリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デューベリーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation