@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デリー

デジタル大辞泉

デリー(Delhi)
インドの首都ニューデリーとその周辺を含む中央政府直轄地域。
インド北部の商業都市。ガンジス川の支流ジャムナ川の左岸にあり、南側に1931年にニューデリーが建設されるまでの首都ムガル帝国の首都として発展。人口、行政区988万、都市圏1288万(2001)。オールドデリーシャージャハナバート。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デリー(Derry)
英国、北アイルランドの都市ロンドンデリーの1984年以降の正式名称、および1633年以前の旧称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

デリー【Delhi】
インドの首都。連邦直轄領(面積1484km2)を形成し,行政的にはデリー(面積1398km2),ニューデリー(面積43km2),デリー軍事区(面積43km2)の三つに区分される。都市部人口は720万7000,農村部を含む人口は942万1000(1991)。ウッタル・プラデーシュ州とハリヤーナー州との州境部に位置し,東をヤムナー川,西と南をアラーバリ山地の最北にあたるデリー丘陵に囲まれたいわゆるデリー三角地にあたる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デリー【Deli】
インドネシア,北スマトラ州の地方名。隣接するセルダン,ランカット地方とともに1870年以降タバコ,次いで20世紀にゴム,ココヤシなどのプランテーション地域として発達した。オランダの植民地時代にはメダンを王都とするマレー人スルタンの小王国としてオランダの間接支配下にあったが,1946年の〈社会革命〉を機にスルタン制が廃され,北スマトラ州に編入された。その住民は本来マレー人,バタク族であったが,オランダ資本ほかによるプランテーション開発において華僑,ジャワ人が契約クーリー(苦力)として導入され,1930年までにはジャワ人,華僑が住民の多数を占めるにいたった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

デリー【Delhi】
インドの首都。ガンジス川の支流ジャムナ川の西岸に沿う都市。デリー首都圏を構成し、1931年南郊に建設されたニューデリーと、ムガル帝国・イギリス領インド時代の首都であるオールドデリーに分けられる。同国の政治・経済の中枢機能が集中する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

デリー
(Delhi) インド北部の都市。八世紀以降、諸王朝の首都であったが、一七世紀にムガール帝国の第五代皇帝シャージャハーンが首都と定めてから飛躍的に発展する。一九一一年イギリス領インドの首都となる。ジャムナ川の西岸にあり、一九三一年、南郊にニューデリーが首都として建設されてからはオールドデリーとも呼ばれる。シャージャハーン帝が建設した宮殿やインド最大のイスラム教寺院などがある。連邦直轄都市。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

デリー
Delhi
インド北部,ガンジス川支流のヤムナ川河岸にある都市,また首都ニューデリーと周辺部を合わせた中央政府直轄行政地域
デリー−スルタン王朝(13〜16世紀)の時代に,イスラーム勢力による北インド支配の根拠地となり,つづくムガル帝国のシャー=ジャハーンが1648年,都をアグラからここに移してからインドの中心となった。これが現在のオールドデリーである。その後イギリスの統治時代の1911年,インド帝国の首府カルカッタからデリーの南西の新市街に移してニューデリーと称した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デリーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation