@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デンキウナギ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デンキウナギ
Electrophorus electricus; electric eel
デンキウナギ目デンキウナギ科の淡水魚。体長 2.5m。体は茶褐色,円筒状で,を欠く。発電魚電気魚)として知られ,発電力は 600V。発電器官は体軸に並行して 3対ある。発電は採餌捕食),防御などに使われる。南アメリカのアマゾン川オリノコ川などに分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんきうなぎ【デンキウナギ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

デンキウナギ
でんきうなぎ
electric knifefish
[学]Electrophorus electricus
硬骨魚綱コイ目デンキウナギ科Electrophoridaeに属する淡水魚。シビレウナギともいう。体は円筒形で鱗(うろこ)はなく背びれもない。臀(しり)びれは尾びれとつながっている。えらの上部から咽頭(いんとう)部に空気呼吸ができる器官があり、胞状のうきぶくろとともに空気呼吸もする。ウナギ型をしているがウナギ目魚類とは類縁関係がなく、南アメリカのコイ目カラシン類に近縁といわれており、1科1属1種である。最大2.9メートルになる。南アメリカのオリノコ川とアマゾン川に分布する。
 デンキウナギは、躯幹(くかん)部、尾部の大半を占める長い左右一対の発電器官をもち、それは体の容積の半分以上に及び、中央部の主器官、その下のハンター器官、サックス器官の三つに区分される。発電器官は筋肉組織から分化したといわれているが、20~50個の電柱が重なり合って構成されており、各電柱は一枚の電板を入れてコロイド状物質で満たされた電函(でんかん)が、体軸に沿って多数並んで形成されている。電板は前から後ろへ向かって乳頭層、中間層、絨毛(じゅうもう)層の三層に区分され、後方の絨毛層に電気神経が分布している。発電器官を支配する中枢は延髄にあり、放電の際に電流は神経面から無神経面に向かって流れる。したがってデンキウナギでは電流は尾から頭のほうに流れる。起電力は300~800ボルト(0.5~0.7アンペア)といわれている。電力は大形魚ほど強い。水中に静止するときは発電は不活発だが、動くと毎秒約50の周波数で放電する。放電された魚はけいれんをおこして湾曲し、硬化しひれを広げて動けなくなる。小魚を食う。[中坊徹次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デンキウナギ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デンキウナギの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation