@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

デンバー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

デンバー
Denver
アメリカ合衆国,コロラド州州都グレートプレーンズの西端,標高 1585mに位置する。 1859年にそれまでのインディアンの居住地や毛皮猟師の宿泊地に入植。同年金鉱が発見され,70年代までゴールドラッシュ,さらに 80年代には銀の採掘で人口が増加した。 70年鉄道が開通。市名は当時の知事の名に由来する。 93年銀相場の暴落で市は衰退したが,農業,牧牛牧羊によって回復。現在は輸送と商工業中心地で,全国最大のウシ,ヒツジの市場である。工業はゴム製品,旅行かばん,食品加工,印刷,出版,電子機器,コンピュータ製造などが中心。ロッキー山系を望む風光明美な地にあって観光産業も発達。特に冬季のスポーツが盛んである。州会議事堂,デンバー大学 (1864創立) ,レジスカレッジ (1888創立) ,アイリフ神学校,コロラド大学医療センター,デンバー公立図書館,博物館,交響楽団などがある。陸軍医療センター,空軍基地など軍関係施設も多い。郊外に国際空港がある。人口 60万158(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

デンバー(Denver)
米国コロラド州の州都。ロッキー山脈東麓、標高1605メートルに位置する。空陸交通の要衝で、航空宇宙産業が盛ん。人口、行政区60万(2008)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

デンバー【Denver】
アメリカ合衆国コロラド州中北部にある同州の州都。人口49万3000(1994)。ロッキー山脈の東麓,グレート・プレーンズ西端部に位置し,サウスプラット川に臨む。標高1609mにあるため,〈標高1マイルの都市〉の別称をもつ。同州の政治,経済,文化,交通の中心で州最大の都市。公園が多く美しい町である。市街からは,西方に4000mを超えて連なるロッキー山脈が展望できる。付近にスキー場も多く,観光・保養地としても重要である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

デンバー【Denver】
アメリカ合衆国、コロラド州の州都。ロッキー山脈の東麓、海抜1610メートルに位置する高原都市。金・銀・石炭などの鉱業と冶金工業が盛ん。避暑地としても知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

デンバー
でんばー
Denver
アメリカ合衆国、コロラド州中北部、ロッキー山脈東方にある同州最大の都市で州都。人口55万4636(2000)。海抜1605メートルに位置し、このため「海抜1マイルの都市」Mile High Cityと別称される。グレート・プレーンズ西端部に位置し、プラット川が貫流する。年降水量365ミリメートル、晴天日300日と温暖で乾燥した快適な気候に恵まれる。1858年金鉱採掘者のための物資供給地として町がつくられ、61年市制施行、67年コロラド準州の州都となる。1870年の鉄道の開通、および70~80年の金ブームにより急速な発展をみた。同州の心臓部として発展著しく、交通の要衝で、鉄道、ハイウェー網はもちろん、ステープルトン国際空港は世界第7位に数えられる空路の要(かなめ)である。この交通の利便性と地の利に加えて、エネルギー資源を中心とした豊富な天然資源が、古くから商工業の発達を促してきた。現在は1950年代にスタートした航空宇宙産業がその中核をなし、食品加工、電気機械、皮革、医療器具、ゴム、ガラス、石油などがこれに続く。また、太陽エネルギー研究所、陸軍造兵廠(しょう)、造幣局、ローリー空軍基地など連邦諸施設の集中が首都ワシントンを除いて最大であり、その雇用者数も3万3000人を超える。周辺には景勝地も多く、市街から4000メートル級の山々が一望され、スキー、登山、ハイキング、キャンプのメッカとして多くの人に親しまれるが、とくに数多くの施設を有する市立公園や、ロッキー山麓(さんろく)に広がる面積54.4平方キロメートルのデンバー山岳公園は世界最大規模を誇る。コロラド大学、デンバー大学を軸とした教育研究施設に優れ、広域の医療センターとしての役割が注目されている。[作野和世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

デンバー
(Denver) アメリカ合衆国コロラド州の州都。ロッキー山脈東麓にある。一八五八年に金鉱採掘者たちのための物資供給地として建設された集落が、ゴールドラッシュにより発展。空陸交通の要地で、物資の集散地、避暑地でもある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デンバー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

デンバーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation