@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トイレットペーパー

デジタル大辞泉

トイレット‐ペーパー(toilet paper)
便所で用いるちり紙。特に、巻き式のもの。落とし紙。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

といれっとぺーぱー【トイレットペーパー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

トイレットペーパー【toilet paper】
便所用の紙。特に、巻いて円筒形にした紙。落とし紙。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

トイレットペーパー
といれっとぺーぱー
toilet paper
ちり紙をロール状にしたもので、トイレットロール(巻き取りちり紙)とよばれている。おもに、水洗便所の発達に伴って普及したが、その用途から、使用に際しての衛生と適度のふき取り性および使用後における下水処理の容易なことなどが必要とされ、次のような特性が求められる。
(1)強さと、肌に触れて不快感がないよう適度の柔軟性が要求される。最近では技術の進歩により薄い紙(坪量18g/m2程度)にクレープをかけることが可能となり、さらに二枚重ねのものも多くなった。(2)吸水性に優れ、漉(す)きむらおよび穴あきがないもの。(3)トイレットペーパーは再生不能の消耗品であるので安く供給でき、使用後は下水処理が容易なように繊維が水にほぐれやすく、また下水の生物処理を阻害する物質が含まれないこと。
 トイレットペーパーの原料としては、かつては晒(さらし)化学パルプと機械パルプがおもに用いられたが、最近では古紙の脱墨および除塵(じょじん)などパルプの再生技術が進んだため、再生パルプがおもな原料とされるに至った。またその使用目的から、一般の印刷用紙や筆記用紙のように、にじみ止めや裏写りの防止のための処理を必要としないため、副原料として填料(てんりょう)およびサイズ剤は用いない。トイレットペーパーの抄造に際しては、通常、短網または円網(まるあみ)のヤンキーマシンが用いられ、クレープはヤンキードライヤー上で施されるのが普通で、規格では、径38ミリメートルの芯(しん)の上に114ミリメートル幅で径120ミリメートル以下の太さに巻き取られて商品となる。[御田昭雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トイレット‐ペーパー
〘名〙 (toilet paper) 便所で用いるちり紙。〔現代語大辞典(1932)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トイレットペーパー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トイレットペーパーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation