@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トゥハチェフスキー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トゥハチェフスキー
Tukhachevskii, Mikhail Nikolaevich
[生]1893.2.16. スモレンスク
[没]1937.6.11.
ソ連の軍人。貴族出身。 1914年アレクサンドロフスキー陸軍士官学校卒業。中尉として第1次世界大戦に参戦。革命が起ると赤軍に入った。 19年には A.デニーキン将軍,A.コルチャック提督の白衛軍に対し,赤軍司令官として戦い勝利を収めた。 20年のソ連=ポーランド戦争では大将として野戦軍を指揮したが,ワルシャワの会戦敗戦。 25年西部軍管区司令官,28年レニングラード軍管区司令官を歴任。 35年参謀総長,国防人民委員代理を経て元帥となったが,37年ボルガ軍管区司令官に左遷。直後,ナチスと通謀したかどで非公開軍法会議にかけられ処刑された。フルシチョフ時代になって 56年に名誉が回復された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

トゥハチェフスキー
とぅはちぇふすきー
Михаил Николаевич Тухачевский Mihail Nikolaevich Tuhachevskiy
(1893―1937)
ソ連の軍人、元帥。スモレンスク県の貴族の家庭に生まれ、1914年士官学校を卒業。第一次世界大戦に将校として参加し、十月革命直後の18年4月、創設まもない赤軍に入隊し、同時に共産党に入党。内戦が開始されると、最初に主戦場となった東部戦線で第一軍を指揮、その後も次々と危険な戦線に投入され、帝政軍人出身の赤軍指揮官として活躍した。対ポーランド戦争(1920)やクロンシュタット軍港反乱(1921)鎮圧の指揮官としても有名。内戦終結後、その経験を赤軍の戦術に応用しようとして、国際参謀本部の設置や戦術における機動性の導入などを主張した。士官学校校長を経て、赤軍参謀長(1925~28)、レニングラード軍管区総司令官(1928~31)。31年より陸海軍人民委員代理兼赤軍装備部長として軍の近代化を図り、34年国防人民委員代理、36年同第一代理。35年には元帥の復活に伴って任命された5人の元帥の1人となる。しかし、37年、突然ドイツ軍のスパイであったとして、他の7人の将軍とともに反逆罪で銃殺、以後の軍部大粛清の発端となった。のちに名誉回復された。[藤本和貴夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥハチェフスキー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トゥハチェフスキーの関連情報

関連キーワード

黒田清輝ウィグモア北村透谷東京大学E. ロッドウェルナー内村鑑三ドビュッシーニキシュマイケルソン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation