@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トゥルク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トゥルク
Turku
スウェーデン語ではオーボ Åboフィンランドの南西端,トゥルクヤポリ県の県都。フィンランド最古の町で,第4の大都市。 1812年までは同国の首都。かつては交易の中心地であったが,13世紀初頭に南方の現在地に移転。フィンランド最大の冬季不凍。県の文化と産業の中心地で,食料品,薬品造船織物陶器などを産する。ここにはスウェーデン語を話すフィンランド人が多く,大学もスウェーデン語系 (1918創立) とフィンランド語系 (22創立) があり,同様な商業実務行政の研究所や教員養成大学がある。郊外にあるトゥルク城は 13世紀の建造で現在は歴史博物館となっている。フィンランド教会の大主教座があり,ロマネスク様式の大聖堂 (1290~16世紀) が残る。シベリウス博物館の所在地。人口 15万 9541 (1992推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トゥルク(Turku)
フィンランド南西部の港湾都市。1812年まで首都。トゥルク大聖堂トゥルク城などの歴史的建造物が多く残る。スウェーデン語名、オーボ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トゥルク【Turku】
フィンランド南西部,バルト海に面し,アウラ河口に開けた古都。スウェーデン語名オーブーÅbo。港湾都市,文教都市でもある。人口16万3526(1981)で,フィンランド第3位。1200年代スウェーデンの支配下に入り,城と教会が造られ,フィンランドの政治・経済・宗教の中心地となり,1640年には最初の大学がつくられた。1809年スウェーデンはフィンランドをロシアに割譲し,ロシアによって12年,首都がトゥルクからヘルシンキに移された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

トゥルク
とぅるく
Turku

フィンランド南西端、トゥルク諸島を前面に控えたこの国最古の都市。ツルクともいう。スウェーデン名オーボÅbo。人口17万3686(2001)。スウェーデン統治時代を通じ、1812年までフィンランドの首都であり、大教会、城、トゥルク・アカデミーなどの歴史的建造物が知られている。トゥルクを中心とするバルシナイス・スオミ地方は「真のフィンランド」を意味し、もっとも開発が早く、耕地率最大の農耕地域である。そのため工業は、この国の産業に特徴的な製材、パルプ、製紙を欠き、盛んな農業を背景にテンサイ糖工業、製粉業が盛んであり、食料品工業の占める地位が高い。そのほかに肥料、繊維、金属、機械が重要であるが、なかでも砕氷船など造船が盛んである。

 スウェーデンによるフィンランド支配の拠点であったが、19世紀のロシア支配時代に繁栄を現在の首都ヘルシンキに奪われた。先史時代の港湾が、市内を流れるアウラ川を数キロメートルさかのぼった所にあったと考えられているが、氷河期以降の地盤隆起によりしだいに陸地が前進したといわれる。

[塚田秀雄]

歴史

アウラ川河口周辺は古くから交易の中心地であり、7世紀ごろからはバルト諸国、スウェーデン南東部のゴトランド島とも交流していたことが遺跡から明らかになっている。教皇教書に初めてその名の現れる1229年をもって、トゥルク市創立の年とされている。この13世紀にドミニコ会修道院、大聖堂、トゥルク城が建立され、またハンザ商人の往来も頻繁になり、市は政治、宗教、商業の中心地として形成されていく。当時の人口は2000~3000とされているが、戦争、疫病、火災などのため容易に発展しなかった。17世紀のスウェーデン興隆期に入り、総督の居住地となることによって名実ともにフィンランドの首都になり、上級裁判所、初めての大学などが建設された。大北方戦争(1700~21)後、紡織、たばこ、造船などの産業が緒につき始め、初の新聞も発行された。19世紀に入ってフィンランドがロシアに併合されると首都はヘルシンキにかわり、1827年の大火災の翌年大学もそこに移されたが、教会の中心地としての地位は保った。1890年代に入り、工業化がいっそう進み、それに伴う人口増加により周辺農村部を編入した。

[玉生謙一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥルク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トゥルクの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation