@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トゥルダシュ文化【とぅるだしゅぶんか】

日本大百科全書(ニッポニカ)

トゥルダシュ文化
とぅるだしゅぶんか
Turdaş

ルーマニア南西部の後期新石器時代の文化。住民は農耕と牧畜に従事し、台地上に竪穴(たてあな)住居を営んで集まって住んでいた。この文化に属するムレシュ川中流のテルテリア遺跡では、紀元前3000年ころのメソポタミアの先シュメール期の絵文字に酷似した文字(記号?)が刻まれた粘土板が出土している。このことから、メソポタミア、小アジアからバルカンに移住があったとする説もある。ユーゴスラビア北東部のビンチャ文化と関連性が強く、ビンチャ・トゥルダシュ文化ともよばれる。

[林 俊雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥルダシュ文化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トゥルダシュ文化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation