@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トゥーラ(メキシコ)【とぅーら】

日本大百科全書(ニッポニカ)

トゥーラ(メキシコ)
とぅーら
Tula

メキシコ中部のイダルゴ州にある、トルテカ文化の中心地とされる遺跡。主要部は約300メートル×600メートルの広さをもつ。約100メートル四方の大広場の東に、ピラミッド形の基壇C、北に戦士の石柱の立つ基壇B、さらにその西に多くの列柱をもつ「宮殿」が位置する。基壇Bの北には浮彫り漆食(しっくい)の壁コアテパントリがあり、そのさらに北に小広場を隔てて長さ60メートルのI字形球戯場がある。大広場の西と南、南西にも球戯場その他の基壇群がある。基壇Bの石柱に彫られた戦士は槍(やり)、投槍(とうそう)器、盾をもち、蝶(ちょう)形の胸飾りその他で身を飾っている。宮殿と基壇Cからは、仰臥(ぎょうが)して上半身を起こし、腹に鉢をのせた人物のチャクモルとよぶ石彫が発見されている。

[大貫良夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥーラ(メキシコ)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トゥーラ(メキシコ)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation