@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トゥールーン朝【トゥールーンちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トゥールーン朝
トゥールーンちょう
Ṭūlūn
エジプトでアッバース朝から独立した最初の王朝 (868~905) 。エジプトおよびシリアを支配。首都はフスタート。建設者はアフマド・イブン・トゥールーン (在位 868~884) で,父はフェルガーナ出身のトルコ人奴隷であった。カリフの宮廷で勢力を得たアフマドは,868年副総督としてエジプトに派遣されると,ただちに自立をはかったが,名目上はアッバース朝カリフの宗主権を認め,またアミールという称号に甘んじていた。彼はエジプト,シリアを支配するためにトルコ人,ギリシア人,ヌビア人から成る奴隷軍団を保持し,強力な海軍も建設した。アフマドはフスタートに接して新都カターイーを造営するかたわら,エジプトの農業開発にも着手し,ナイル下流のローダ島にミクヤース (水位計) を新造した。彼を継いだホマーラワイフ (在位 884~896) は引続きアッバース朝との友好関係を維持し,30万ディナールの貢納金と引替えにエジプト,シリアの支配権を認められた。しかし5代のシャイバーンのとき (905) ,シリアのカルマト派の活動を押えることができなかったために,カリフ軍の派遣を許し,シリアに続いてフスタートが征服され,王朝は再びアッバース朝に吸収された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トゥールーンちょう【トゥールーン朝 Ṭūlūn】
アフマド・ブン・トゥールーンの創始したエジプト・シリアにまたがる王朝。868‐905年。アフマド・ブン・トゥールーン(在位868‐884)はトルコ系軍人で,868年,アッバース朝によってエジプトに派遣されそこで実権を握り,アミールの称号を得,アッバース朝の宗主権は認めながらも事実上独立した王朝を建設した。トゥールーン朝の基礎は,トルコ系,黒人,ギリシア人などの奴隷軍人からなる強力な軍隊と,豊かなエジプトの経済であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

トゥールーン朝
トゥールーンちょう
Tūlūn
868〜905
アッバース朝のアミールとなったアフマド=ブン=トゥールーンが,エジプトに建てた王朝
トゥールーンはトルコ系のマムルーク出身で,アッバース朝の宗主権を認めつつ自立。2代目のフマーラワイフのときが最盛期だったが,財政窮乏などにより滅亡した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トゥールーン朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トゥールーン朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation