@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トガ・テムル朝【トガ・テムルちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トガ・テムル朝
トガ・テムルちょう
Tughā-tīmūriyān
イラン北東のジュルジャーン地方を支配したモンゴル系王朝 (1337~1409/10) 。イルハンアブー・サイード (不賽因)没後,ハン位を要求してホラーサーンに自立したチンギス家のトガ・テムル Tughā-tīmūr (在位 1337~53/4) に始る。彼はジュルジャーン地方を中心に統治し,チョバン朝ジャラーイル朝サルバダール政権と争ったが,1353/4年サルバダールによって暗殺された。その後同朝は臣下のアミール・ワリーにしばらく支配権を奪われていたが,84年チムール (帖木児)がアミール・ワリーを駆逐するとジュルジャーンに再興された。以後チムール朝の宗主権下に統治したが,1409/10年チムール朝に叛して滅ぼされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トガ・テムル朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トガ・テムル朝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation