@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トキソイド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トキソイド
toxoid
変性毒素ともいう。細菌毒素蛇毒などに化学的,物理的処理を加え,免疫原性を持続させたまま,その毒性を除去したもの。外毒素をつくる培養液のろ液を放置しておくか,0.3~0.4%の割合でホルマリンを添加するとトキソイド化される。ジフテリアの活動免疫,破傷風の予防,ブドウ球菌による疾患の治療などに用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トキソイド(toxoid)
細菌などがつくる毒素蛇毒などをホルマリンで処理し、毒性を除いて抗原性だけを残したもの。ジフテリア破傷風ハブにかまれたときの毒の予防などに用いる。アナトキシン変性毒素。→ワクチン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トキソイド【toxoid】
変性毒素ともいう。病原性細菌が産生するタンパク質毒素などに種々の処理を行ってつくり出した,毒性を失ってはいるものの,免疫原性を失ってはいないものをいう。P.エールリヒの造語。タンパク質毒素に対して生体に免疫能力を与える抗原として用いられる。ヘビ毒に対するトキソイドもつくられている。歴史的には,フランスのラモンGaston Ramon(1886‐1963)らによって,ジフテリア菌の培養液にホルムアルデヒドを加えて長期間放置すると,免疫原性を失うことなしに毒性を弱められることが1930年代の初期に見いだされたのが,トキソイドがつくり出された最初である(ラモンはこれをアナトキシンanatoxinと呼んだ)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

トキソイド【toxoid】
病原細菌の産生する毒素を、その抗原性を保たせたままホルマリンで無毒化したもの。ジフテリア・破傷風の予防ワクチンに用いられる。アナトキシン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

トキソイド
ときそいど
toxoid
細菌の菌体外毒素やヘビ毒など生物の産生する毒素を、抗原性を損じないようにホルムアルデヒドで無毒化したもの。ジフテリア、破傷風、ハブ毒のトキソイドが実用化されている。細菌に対するワクチンに相当するもので、人体に注射すると毒素に対する抗体ができて、これらの毒素による傷害が現れなくなる。すなわち、ジフテリアや破傷風の予防、ハブにかまれたときの予防に用いられる。ジフテリアや破傷風に感染した場合の治療には、毒素による発症を防ぐために、毒素の中和作用の速い抗毒素が用いられる。抗毒素は、トキソイドをウマに注射して、抗体のできた血液から血清を分離して製する。
 ジフテリアおよび破傷風トキソイドは、それらの菌を培養し、培養液中に産生された毒素にホルマリンを加えて37℃に保存して無毒化し、精製するか精製した毒素にホルマリンを作用させてつくる。完全に無毒化したものを透析してホルマリンを除き、さらに毒素以外の成分を塩析法、有機溶媒による分画、クロマトグラフィー、電気泳動などの操作で除去し精製する。これに硫酸アルミニウム・カリウム液を加えて沈降させたのが沈降トキソイドで、効果が持続する。製品として、ジフテリアトキソイド、成人用沈降ジフテリアトキソイド、ジフテリア破傷風混合トキソイド、沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド、沈降破傷風トキソイド、沈降ハブトキソイドがある。[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トキソイド
〘名〙 (toxoid) ワクチンの一つ。病原体がつくる毒素を処理して毒性を除き、免疫をつくる力だけを残したもの。ジフテリアや破傷風の予防接種に利用。アナトキシン。変性毒素。〔赤ん坊の科学(1949)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トキソイド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トキソイドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation