@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トスカナ地方【トスカナちほう】

旺文社世界史事典 三訂版

トスカナ地方
トスカナちほう
Toscana
アペニン山脈の南西ティレニア海にのぞむイタリア中部の地方
古くから農産物(ぶどう・オリーブ),鉱産物(銅・鉄・水銀),大理石に富む豊かな地方。名称は別名トゥスキと呼ばれた古代エトルリア人の居住地であったことに由来する。前3世紀にローマの支配下にはいった。西ローマ帝国の滅亡後は東ゴート族ロンバルド族に支配され,774年にはカール1世(大帝)の領有となった。中世末から諸都市が興隆し,フィレンツェ・ピサシエナなどが有名で,教皇党皇帝党抗争の中心地。また,19世紀には,イタリア統一運動の有力な一中心ともなった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トスカナ地方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トスカナ地方の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation