@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トスカナ大公国【トスカナたいこうこく】

世界大百科事典 第2版

トスカナたいこうこく【トスカナ大公国】
1569年から1860年まで,イタリア中部トスカナ地方にあった大公国。その歴史は1569年,メディチ家コジモ1世が大公に叙された年に始まる。彼は行政・法律面で統一のとれた国家建設に努力し,ついでフェルディナンド1世の下で税制改革が行われ,商業農業が発展して,大公国は繁栄するが,以後国力は衰微一途をたどった。ことに商業が衰え,資本土地集中投下され,農業国と化した。1737年にはメディチ家が断絶,トスカナ大公国はハプスブルク家に継承される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

トスカナ大公国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トスカナ大公国の関連情報

関連キーワード

安土桃山時代(年表)アユタヤ朝コジモ1世上杉謙信武田信玄朝山日乗(ちょうざんにちじょう)万延第二帝政ラトビアトスカナ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation