@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トックビル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トックビル
Tocqueville, (Charles) Alexis (Henri Maurice Clérel) de
[生]1805.7.29. パリ
[没]1859.4.16. カンヌ
フランスの歴史家,政治家。下院議員 (1839) ,憲法議会議員 (1848) ,外務大臣 (1849) などを務めた。 1841年アカデミー・フランセーズ会員。広い知識と深い洞察力とにより,人間の自由と平等を求める要求の正当さと,自由と平等の伸長,すなわち民主主義の発展の歴史的必然性を指摘した。主著『アメリカにおける民主主義』 De la démocratie en Amérique (4巻,1835~40) ,『アンシアン・レジーム革命』L'Ancien Régime et la Révolution (1856) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トックビル(Charles Alexis Henri Clérel de Tocqueville)
[1805~1859]フランス歴史家政治家。1849年に外相に就任ルイ=ナポレオンクーデターに反対して逮捕され、政界を退く。アメリカ民主主義」「旧制度フランス革命」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トックビル【Alexis‐Charles‐Henri‐Maurice‐Clérel de Tocqueville】
1805‐59
フランス,ノルマンディーの貴族出身の政治学者,政治家,歴史家。1827年彼はベルサイユ裁判所陪席判事に就任した。一門の正統王朝支持に反して七月王政を容認した自由主義者。31年ボーモンG.de Beaumontと共にアメリカ行刑制度の視察に出発,約9ヵ月間北アメリカ各地を旅行し,帰国後《アメリカのデモクラシー》2巻(1835,40)の著作で〈19世紀のモンテスキュー〉の評価を得て,J.S.ミルとも交流する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

トックビル【Alexis Charles Henri Maurice Clérel de Tocqueville】
1805~1859 フランスの歴史家・政治家。アメリカ旅行の経験をもとに著した「アメリカの民主主義」は大衆社会を論じた古典的名著とされる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

トックビル
とっくびる
Comte de Tocqueville, Alexis Charles Henri Maurice Clrel
(1805―1859)
フランスの政治学者、歴史家、政治家。ノルマンディーの由緒ある貴族の生まれで、1827~1830年にベルサイユ裁判所の陪席判事を務めた。自由主義思想の持ち主であり、ルイ・フィリップ(市民王)の王政を容認した。1831~1832年にかけて約9か月間、アメリカ行刑制度の視察のかたわら北アメリカを遊歴し、帰国後『アメリカにおけるデモクラシー』De la Dmocratie en Amrique2巻(1835、1840)を発表した。この著作は、近代世界の趨勢(すうせい)であるデモクラシー、とくに平等化の進展を政治・社会・文化に及ぼす影響の観点から論述したもので、その分析と洞察力によって今日の「大衆社会」の出現を予言している。この著作によって「19世紀のモンテスキュー」と評価された。1839年下院議員に当選し、二月革命後制憲議会議員、ついで立法議会議員となり、1849年にはバロー内閣の外相を短期間務めた。七月王朝期の議員活動では奴隷制廃止問題やアルジェリア植民地問題への取り組みが目だつ。1851年12月ルイ・ナポレオンのクーデターに反対して逮捕・投獄され、以後政界を退き歴史研究に専念した。1850~1851年に議会活動を回顧した『回想録』Souvenirsを書いたが、そこには同時代の政治家たちの多彩な活動が浮き彫りにされており史料的価値が高い。歴史著作『旧制度と革命』L'Ancien Rgime et la Rvolution(1856)では、革命はルイ14世以降の専制政治の帰結としてとらえられ、したがって政治生活での「自由の精神」の不可欠性が強調された。この著作の根底にはナポレオン3世の独裁制への批判があった。結核のため転地療養先のカンヌで没した。[中谷 猛]
『トクヴィル著、井伊玄太郎訳『アメリカの民主政治』上中下(講談社学術文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トックビル
(Charles Alexis Henri Clérel de Tocqueville シャルル=アレクシス=アンリ=クレレル=ド=━) フランスの政治学者、歴史家、政治家。一八四九年に外相になったが、ルイ=ナポレオン(三世)のクーデターに反対して以後、歴史研究に専念。一九世紀の代表的自由主義思想家とされる。著書に「アメリカにおけるデモクラシー」「旧制度と革命」など。(一八〇五‐五九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トックビル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トックビルの関連情報

関連キーワード

ベートーベンアサヒ号 AA型 二輪車陸王大型オ-トバイアルゴンアンドロステロンインド美術マウリヤ朝ミトラダテス3世シュンガ朝iPad

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation