@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トナー現像【トナーゲンゾウ】

化学辞典 第2版

トナー現像
トナーゲンゾウ
toner development

電子写真の静電潜像を,着色した微粉末(トナー)で静電吸着させて現像(可視化)する方法.【】乾式法:比較的低融点の合成樹脂に,染料や顔料を混合した粒径1~10 μm 程度のトナー粒子と,キャリヤーとよばれるガラス球あるいは鉄粉などの200~500 μm 程度の粒子とを混合した現像剤を用いる.トナーはキャリヤーと接触,摩擦することによって帯電し,静電力で潜像部分に吸着する.キャリヤーを用いずにトナーだけを潜像に与える方式もある.感光層に現像剤を与える方法には,カスケード法とマグネットブラシ法がある.カスケード法:トナーとガラス球のキャリヤーが感光層表面を流れて現像する.マグネットブラシ法:トナーと鉄粉キャリヤーからなる現像剤を磁化させ(磁気ブラシ),感光層表面を掃引して現像する.このほか,特殊な方法として,トナー粒子をエーロゾルとし,感光層表面に吹きかけて現像するパウダークラウド法などもある.トナー像の定着は,加熱または加圧によって行われる.これらは一般的な現像法であり,複写機などに使われている.【】湿式法:分枝パラフィンなどの高抵抗,低誘電率の液体中にトナーを分散させて用いる現像法(液体現像法)で,トナー像の転写を行わない製版用などに使われる.定着は液中に加えられたポリマーの皮膜形成によって行われる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トナー現像」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トナー現像の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation