@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トプカプ宮殿【トプカプきゅうでん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トプカプ宮殿
トプカプきゅうでん
Topkapı Sarayı
トルコイスタンブールにある,1478~1892年にオスマン帝国スルタンが居住して政治を司った宮殿。名称は,巨大な大砲(トプ)がこの宮殿のボスポラス海峡に面した門(カプ)に据えられたことに由来する。イスタンブールを征服したメフメット2世によって 13年の歳月をかけて建築された。以後歴代のスルタンによって増改築され,内部には大国政会議室,ハレム,学校,モスク,図書館などがある。今日では博物館として一般に開放され,中庭には考古学博物館がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トプカプ‐きゅうでん【トプカプ宮殿】
Topkapi Sarayi》トルコのイスタンブールにある宮殿。オスマン帝国メフメット2世が15世紀後半に造営。現在は国立博物館。1985年、「イスタンブール歴史地域」の一部として世界遺産(文化遺産)に登録された。トプカプとは大砲の門の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

トプカプ宮殿
トルコ、イスタンブールにあるトプカプ宮殿は15世紀から19世紀にかけてトルコオスマン帝国の中心として、繁栄を極めた宮殿です。様々な建物が迷路のように複雑につながった豪奢な宮殿内では、スルタンとその従者たちが生活を共にし、統治を行ってきました。スルタンの妻や子供が暮らしたというハーレムなども残されており、往時の華やぎを今に伝えています。現在は展示館や宝物館などになっている部屋も多く、中国陶磁器や中世の貴重な細密画のコレクションなどを見学することもできます。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

世界大百科事典 第2版

トプカプきゅうでん【トプカプ宮殿 Topkapı Sarayı】
コンスタンティノープルの征服者であるオスマン帝国のメフメト2世征服王によって,1454年から15世紀後半にかけてイスタンブール要衝の地に創設された木造の宮殿。1574年,1665年,1862年の災害後に再建されたが,19世紀にボスポラス海峡沿いにドルマバフチェ宮殿(1853)などのヨーロッパ風の宮殿が建てられるまで,歴代のスルタンたちにより増改築が繰り返された。したがって,様式交し統一性に欠ける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

世界の観光地名がわかる事典

トプカプきゅうでん【トプカプ宮殿】
トルコ最大の都市イスタンブール、ボスポラス海峡と金角湾(きんかくわん)がマルマラ海と出会うところにある宮殿で、かつてのオスマントルコ帝国の中心。敷地は70万m2と広大で、400年にわたりスルタンの家族とその家来や使用人たちが暮らしていた。敷地内には樹木の茂る庭園調理場、ハーレムの女たちの部屋、聖マントルの館などが散在している。現在はオスマントルコ帝国時代の代表的な建築物の一つとして保存・管理され、6000点の常設コレクションを持つ、世界有数の宮殿博物館となっている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

トプカプ宮殿
とぷかぷきゅうでん
Topikapi Sarayi

イスタンブール旧市街の東端、三方を海に囲まれた高台にある宮殿。古代にはアクロポリスの地であった。15世紀後半にオスマン帝国のメフメト2世が建設を始め、歴代のスルタンが増改築を加えて、多数の建物を擁する広大な宮殿になったが、1863年の大火でその多くが焼失した。トプカプの名は正門前にあった2門の巨砲に由来する。

 現在は博物館として公開され、宝物庫には大きな宝石を無数にちりばめた豪華な家具調度、宝飾品、衣装、美術史的に貴重な写本や細密画などがある。もとの調理場には中国磁器の大器、逸品が多数展示され、有田焼、ガラス器などもある。現存している建物では、庭園内のバグダット・キョシキュがもっとも華麗である。なお、この宮殿のあるイスタンブール旧市街は1985年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。

[紅山雪夫]

『トプカプ宮殿博物館全集刊行会編・刊『トプカプ宮殿博物館』全5冊(1980)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トプカプ‐きゅうでん【トプカプ宮殿】
(Topkapı Sarayı) イスタンブールにある宮殿。一五世紀後半にオスマン帝国のメフメト二世が建設を始め、歴代のスルタンが増改築を加えたが、一八六三年の大火で大部分が焼失した。現在は博物館として公開されている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

トプカプ宮殿
トプカプきゅうでん
Topqapu
オスマン帝国の宮殿
メフメト2世が1465年よりイスタンブル創建皇帝住居であり,政治の中心でもあった。その名は城壁にある「大砲の門(トプカプ)」に由来し,多くのキオスク(東屋)・モスク・ハーレム・浴場・図書館・宝物庫などを備える。現在は国立博物館となっている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トプカプ宮殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トプカプ宮殿の関連情報

関連キーワード

スフランツェスパッツィ家の陰謀ボッティチェッリルネサンス史(年表)被爆者援護カスティリオーネクレメンス多聞院日記鄭麟趾ノブゴロド

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation