@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トライアック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トライアック
TRIAC; triode AC switch
双方向3端子サイリスタ。 1964年にゼネラル・エレクトリック社で開発した整流素子である。双方向対称特性をもつ。 SCR (逆阻止3端子サイリスタ) のように1つの制御電極 (ゲート) を有するが,ゲート信号によって双方向の電流を制御することができるのが特徴である。現在では,数Aから数百Aまでの素子が ACスイッチ,調光装置などに使用されており,利用範囲は拡大されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とらいあっく【トライアック】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

トライアック
とらいあっく
triac
順逆どちらの方向に流れる電流でも、一つのゲート電極で同じように制御してスイッチを行うことのできる二方向3端子サイリスタ。もともとはアメリカのゼネラル・エレクトリック社の商品名であったが、IEC(国際電気標準会議)でその使用が認められ、一般名となっている。この素子は、2個のサイリスタを互いに逆向きに並列に接続し、ゲート電極を共通にした構造をもち、npnpnの5層からなるので、日本ではFLS(five layer switchの略称)ともよんでいる。図A図Bはその断面構造と電圧電流特性であるが、領域およびは互いに逆向きに並列接続されたpnpn構造の部分であり、領域はこれらにさらに1層を加えたゲート部である。ゲートを用いたスイッチ動作には、素子を流れる電流の正逆二状態に対し、ゲートを流れる電流も二状態あるため4種類ある。Tが負電位でゲート信号が正の場合、領域のp1n1p2n2がp2に直接接したゲート電極部分の動きでスイッチする。Tが負電位でゲート信号が負の場合、p1n1p2n4がT2をゲートとしてスイッチし、その結果p1n1p2n2がスイッチする。Tが正電位の場合、ゲート信号の正負によって極性は多少異なるが、ゲート信号によって注入されたキャリア(電荷担体)が次々と連鎖的に作用して領域のp2n1p1n3をスイッチする。トライアックは以上のように両方向電流を1素子で制御できるので、交流の無段階制御に適しており、定格電流0.2~300アンペア、定格電圧50~1600ボルトの範囲のものがある。したがって、家庭用の扇風機、ルームエアコン、洗濯機、調理用ミキサーなどのモーターの回転数制御、さらには冷蔵庫、電気毛布などの温度制御から、エレベーターや交流電車の速度制御までと用途は広い。[右高正俊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トライアック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トライアックの関連情報

関連キーワード

新藤兼人中平康ジュネーブ道路交通条約森一生コンゴ動乱石井桃子加藤泰コーマンゴダール(Jean-Luc Godard)篠田正浩

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation