@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トラコーマ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トラコーマ
trachoma
トラホームともいう。開発途上国などでは依然,発生率の高い結膜伝染性疾患で,重要な失明原因の一つになっている。急性型と慢性型がある。大部分は定型的な慢性トラコーマに移行し,結膜円蓋部には顆粒が並び,瞼板結膜に乳頭が増殖し,結膜は充血肥厚する。経過が長引くと角膜が混濁し,視力障害を起すことがある。病原体であるトラコーマ小体はやや大型のクラミジアで,治療にはサルファ剤,抗生物質の点眼が行われる。先進国ではほとんどトラコーマ患者はみられなくなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トラコーマ(trachoma)
クラミジア一種感染によって起こる結膜炎結膜の充血、まぶたの裏側の水ぶくれ多発視力低下などの症状を呈し、角膜が濁って失明することもある。トラホーム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トラコーマ【trachoma】
トラホームともいい,角膜,結膜をおもに侵す伝染性疾患。かつて日本では,この眼病は失明原因の上位を占めたが,上下水道等衛生環境,衛生思想の向上,抗生物質の発達とともに激減し,現在,新しく発症をみることはほとんどなくなった。現在,日本で問題となるのは,高齢者にみられる瘢痕(はんこん)化したトラコーマによる後遺症である。しかし一方,発展途上国においては,トラコーマは依然として失明原因の上位を占めているので,過去の病気といいきってしまうわけにはいかない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

トラコーマ【trachoma】
伝染性の、目の結膜疾患。病原体はクラミジア。急性結膜炎の形で始まり、まぶたの裏側に透明な粟粒大のぶつぶつができる。慢性期には角膜が混濁し、視力低下を招くことが多い。トラホーム。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

トラコーマ
とらこーま
trachoma
感染性の結膜疾患の一種で、トラホームTrachom(ドイツ語)ともいう。結膜に濾胞(ろほう)をつくり、慢性に経過する病気で、クラミジア・トラコーマティスChlamydia trachomatisという病原体の感染でおこる。かつてはもっとも患者の多い目の感染症であったが、衛生状態のよい先進国ではごくまれになった。濾胞は融合して大きくなり、結膜上皮細胞に病原体の集合体とみられる封入体(トラコーマ小体、プロワツェクProwazek小体)が検出される。角膜上方から混濁を伴って血管が侵入するが、この状態をパンヌスpannusという。結膜に瘢痕(はんこん)をつくり、その影響で涙液分泌低下、眼瞼(がんけん)内反、睫毛(しょうもう)(まつげ)乱生、涙道閉鎖、角膜潰瘍(かいよう)などの後遺症をおこす。このために視力が障害される。病原体に対してエリスロマイシン、テトラサイクリン系の抗生物質が有効である。両者とも主として軟膏(なんこう)が用いられる。[内田幸男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トラコーマ
〘名〙 (trachoma) プロワツェク小体という病原体により起こる結膜の慢性伝染性疾患。ウイルス性疾患と考えられている。結膜や涙道や黒目の表面に瘢痕・ひきつれを生じ、そのためまつ毛が黒目を刺すようになったり、黒目が濁って視力が下がったりする。時には失明することもある。トラホーム。
※東北地方漁村住宅改善要旨(1941)二六「トラコーマ等の如き伝染する眼病の人が」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六訂版 家庭医学大全科

トラコーマ
Trachoma
(感染症)

どんな感染症か

 クラミジアという微生物による結膜炎です。衛生環境のよい日本では現在、トラコーマの発症はまずみられませんが、世界的には多い病気です。

 アフリカ、地中海東部、アジアなどのクラミジアの流行地域では繰り返し感染する機会が多く、トラコーマが発症するといわれています。日本では日清戦争時に、兵士がトラコーマに感染して帰国してから蔓延(まんえん)したといわれており、1910年代には日本のトラコーマ罹患率は20%を超したとのことです。

 なお、クラミジアによる結膜炎には封入体(ふうにゅうたい)結膜炎もありますが、これについてはコラムを参照してください。

症状の現れ方

 トラコーマは、以下の4病期に分類されます。

・第Ⅰ期

 5~12日の潜伏期間ののちに発症します。まぶたがはれ、結膜が充血してむくみ、粘液膿性の眼脂(がんし)(めやに)が出ます。眼瞼(がんけん)結膜には軽度の乳頭増殖と濾胞(ろほう)(小さなぶつぶつ)が現れます。

・第Ⅱ期a

 濾胞は大きくなり、結膜から角膜に血管が侵入してきます(パンヌス)。この病期は約3カ月から3年です。

・第Ⅱ期b

 細菌感染を合併し、乳頭増殖が強くなります。結膜の浸潤も強くなります。

・第Ⅲ期

 瘢痕(はんこん)形成が始まり、パンヌスが角膜をおおうようになります。角膜潰瘍を合併することが多いようです。

・第Ⅳ期

 まつ毛が乱生したり、眼瞼内反(まぶたが内側へまくれ込み、まつ毛で角膜や結膜が傷つく)、ドライアイになり、視力障害を残します。

検査と診断

 病歴と症状からほぼ類推することができます。

治療の方法

 眼科専門医を受診してください。時に手術療法が効果的です。

下村 嘉一

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トラコーマ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トラコーマの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation