@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トラス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トラス
truss
鉄橋や工場建築屋根の小屋組み構造などのように,部材の節点が滑節 (ピン接合) になっていて,それぞれの部材同士が三角形に組まれた骨組みの構造物をいう。すべてのトラス部材が一つの平面内にあるものを平面トラス,立体的に広がっているものを立体トラスと区別する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トラス(truss)
直線的な材料を用い、三角形を基本単位とする構造の骨組みで、各部材の節点を回転自由なピン接合としたもの。屋根組み・鉄橋などに使用。結構。→ラーメン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

トラス
細粒多孔質で層状にならない凝灰岩で,主として粗面岩質のガラス質浮石が水和分解した小さな破片からなっている.この名称はドイツのラヘル湖(Laacher See)地方の堆積物からきている.レオンハルトはトラスは水に運ばれた火山性の岩屑から形成されたと考えた[Leonhard : 1823].ヴェルツィングは熱雲(nuee ardente)に伴われる泥流によって形成されたとした[Voelzing : 1907].セメント工業に使用される.
ポゾランの一種で,レイン河下流産の浮石質火山灰凝灰岩の一種が代表的である.この名称はイタリアの一地方名で,初めライン河支流のブロール(Brohl)河およびネッテ(Nette)河の渓谷に産した.トラスに含まれる珪酸大部分は無定形質で,ポートランドセメントに水を加えたときに遊離するCaOあるいは漆喰中のCaOなどと容易に結合して膠結物を作るので,セメント混合剤としても用いられる[片山ほか : 1970].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トラス【truss】
いくつかの直線棒状の部材の端部を回転自由なヒンジで互いに結合し,適当な形に組み上げた骨組構造。橋,塔,屋根などに用いられる。このようなヒンジ結合の部材からなる構造が安定であるためには,各辺の長さが定まれば形の定まる三角形の骨組みを基本単位として構成されることが必要である。部材の会合点を節点といい,荷重はこの節点に作用するように設計される。したがって,ヒンジ節点であれば,それぞれの部材は引張りか圧縮の軸方向力しか受けない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

トラス【truss】
各部材の接合点をピンで連結し、三角形の集合形式に組み立てた構造。湾曲力に強く、橋や屋根組みに用いられる。結構。 → ラーメン

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トラス
〘名〙 (truss) 建造物などの部材間の接合を回転自由なピン止めとした構成法。三角形を基本の単位とし、各部材の端ではモーメントが零になる。部材に作用する力が材料の歪(ひず)みを考えずに定まるものを静定トラス、そうでないものを不静定トラスという。鉄骨の橋などで多用。
※風俗画報‐一五四号(1897)人事門「倉田吉嗣氏の設計に係る構造はトラス形にして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トラス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トラスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation