@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トラピスト

デジタル大辞泉

トラピスト(Trappists)
カトリック修道会の一。厳律シトー会俗称。1664年、フランスのシトー会ラ‐トラップ修道院改革に始まり、1892年に分離して独立の修道会となった。典礼を重んじ、沈黙禁欲観想菜食戒律を厳格に守り、農業労働の共同生活をする。日本には明治29年(1896)に伝えられた。→シトー会
[補説]国内では、北海道北斗市・大分県日出町にトラピスト修道院(男子)、北海道函館市・栃木県那須町・兵庫県西宮市・佐賀県伊万里市・大分県宇佐市にトラピスチヌ修道院(女子)がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とらぴすと【トラピスト】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

トラピスト【Trappist】
キリスト教の修道会の一。正称、厳律シトー修道会。一七世紀後半、フランス、ノルマンディーのラトラップ修道院長ド=ランセがシトー会を改革して始めた。1892年にシトー会から独立。酪農などの労働に従事し、絶対の沈黙・共住生活を守る。1896年(明治29)に日本へ伝えられ、男子は北海道当別町などに、女子(トラピスチン)は函館市などに修道院をもつ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トラピスト
〘名〙 (trappiste) カトリックの修道会の一派、「厳律シトー修道会」の俗称。一七世紀、ランセがフランス、ノルマンディーのラ‐トラップ修道院を改革したことに始まる。労働、荘厳な祭式、沈黙の厳守、禁欲的共同生活などに特色がある。明治二九年(一八九六)に日本に伝来。
※美的生活を論ず(1901)〈高山樗牛〉六「トラピストの例に見よ、彼等は無言の行者也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トラピスト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トラピストの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation