@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トラフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トラフ
oceanic trough
海底の細長い凹所のうち,最大水深 7000m以下の比較的ゆるやかな斜面をもつ溝。舟状海盆ともいう。海溝に比べて浅く,幅広い。単純に形態のみで定義されるため規模および成因はさまざまで,プレートの沈み込みに伴う海溝の一部(南海トラフ駿河トラフ相模トラフ)や,島弧弧状列島背後の拡大に伴う凹所(沖縄トラフマリアナトラフ)などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

トラフ
海底を走る長くやや幅の広い溝のうち、最大水深が6000mを超えないもので、成因は問わない。南海トラフ、駿河トラフ、相模トラフは、どれも海溝と同様、海洋プレートの沈み込みに伴って生じたもので、海溝に共通の地震分布や、陸側斜面での付加体の形成や地殻変動が顕著なのが特徴。南海トラフは、東海地方から紀伊半島、四国にかけての南方沖約100kmの海底をほぼ東西に走る、長さ700kmの細長い溝。四国海盆の海底が日本列島の下へ沈み込む入り口に当たり、御前崎東方で駿河トラフとつながる。安政地震(1854年)、東南海地震(1944年)、南海道地震(1946年)や予想される東海地震の源である地殻歪みは、このトラフでの沈み込みで生じる。最深部は水深4500m足らずで平坦だが、陸側斜面には標高約300mの急傾斜が並び、海底の激しい変動を示す。マリアナトラフ、沖縄トラフなどは背弧海盆だが、拡大を始めて間もないため細長く、トラフに分類される。
(小林和男 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

トラフ(trough)
海底の細長い凹地で、海溝トレンチ)ほど深くなく、両側の斜面も緩やかな海底地形南海トラフなど。舟状海盆(しゅうじょうかいぼん)。
気圧の谷」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トラフ【trough】
海底の長いくぼみで,平たんな底と急な斜面を有するが,海溝よりは浅い地形をいう。舟状海盆ともいう。形態で定義されており,規模,成因はさまざまである。プレート沈み込み帯であるが,地形的にはトラフとされているもの(南海トラフ,駿河トラフ,相模トラフ),海溝が埋められて浅くなっているもの(ヒクランギ・トラフHikurangi trough),島弧背後にあって現在拡大しつつある縁海(マリアナ・トラフ,沖縄トラフ),大陸境界地内にある細長い海盆(最上トラフ)などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

トラフ
〘名〙 (trough 溝の意)
① 両側がゆるやかな斜面で、幅広ながら細長くつづく深海底の凹地。四国沖の南海トラフ、日本海の最上トラフ、小笠原諸島沖の小笠原トラフなど。舟状海盆。
② 褶曲構造のうち向斜構造の底の部分。
③ 南北にのびた気圧の低い部分。気圧の谷。〔日本の気象(1956)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トラフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トラフの関連情報

関連キーワード

ミダス筑波大学オリジナルグッズ(雑貨)脂質代謝総論ホウ素ボーイング737個人住民税一律10%化2025年問題フクシマ50ヤスニITT計画プラチナバンド

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation