@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トリエステ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トリエステ
Trieste
セルボ=クロアチア語ではトルスト Trst,ドイツ語ではトリエスト Triest。イタリア北東部,フリウリベネチアジュリア州州都港湾都市。トリエステ県の県都を兼ねる。ベネチア東北東約 120km,ベネチア湾奥,スロベニアとの国境付近に位置する。前 177年頃ローマ支配下に入り,のち城壁が建設された。 1202年ベネチアの,1382年オーストリア支配を受け,1719年神聖ローマ帝国の直轄都市となった。 1918年以後イタリアとなったが,第2次世界大戦時には相次いで外国軍に占領された。戦後その帰属をめぐってユーゴスラビア,イタリア間に対立があったが,54年イタリア領が確定。同時に港は自由港となり,その後,貿易額はふえている。木材などが輸出され,石油,工業原料などが輸入される。また造船製鉄,石油化学などの工業も盛ん。石油パイプラインがオーストリアやドイツの製油所まで延びている。市内には古代ローマの神殿跡に建てられた城 (1470~1680。現博物館) ,14世紀に建てられたサンジュスト聖堂などがある。リルケの詩で有名なドゥイノ城も近い。人口 20万5535(2011推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トリエステ(Trieste)
イタリア北東部の港湾都市。アドリア海北岸にあり、工業が盛ん。トリエステ地方は14世紀以来オーストリア領。第一次大戦後イタリア領となり、第二次大戦後、1954年にロンドン協定で、北部と港はイタリア領、南部はユーゴスラビア(現スロベニア共和国)領となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トリエステ【Trieste】
イタリア北東部,フリウリ・ベネチア・ジュリア州の州都で同名県の県都。アドリア海に面した港湾都市。人口25万1380(1981)。ケルト人によって建設され,前1世紀ころローマ人の支配下に入り,2世紀にトラヤヌス帝が,地中海と中央ヨーロッパの接点にあたるこの都市を港として発展させた。古名はテルゲステTergeste。948年にイタリア王ロタリオ2世によって独立を認められ,自治都市となった。一時ベネチアの支配に屈したこともあったが,1382年ハプスブルク領となり,オーストリア帝国の海への出口として重要な役割を担った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

トリエステ
とりえすて
Trieste

イタリア北東部、フリウリ・ベネチア・ジュリア自治州の州都で、港湾・工業都市。人口20万9520(2001国勢調査速報値)。アドリア海の北部、潟湖(せきこ)グラード湖とクロアチアのイストラ半島との間に挟まれたトリエステ湾の奥に位置し、スロベニアとの国境付近を占める。精油、造船、製鉄、化学、薬品、製紙、食品など多方面にわたる工業が行われている。トリエステ港は、国際的な貨物の取扱い量ではイタリア第2位(1978)であったが、オーストリア向けの港湾業務を停止、かつての活気はみられない。輸入された石油は、パイプラインによってオーストリアやドイツにも運ばれる。市街はサン・ジュストの丘を中心に広がり、14世紀のサン・ジュスト大聖堂、1470年から1630年にかけて建てられた城、1938年に発掘された古代ローマの劇場、市立歴史・美術博物館、1924年創設の大学などがある。近郊のミラマーレには、ハプスブルク家のマクシミリアン大公によって築かれた広い庭園と城(1856~1860建設)がある。冬、ボラとよばれる冷たい北東風が、台風のような激しさで吹き荒れることで知られる。

[堺 憲一]

歴史

ケルト人によって建てられたといわれ、紀元前2世紀にはテルゲステTergesteとよばれるローマの植民地となった。西ローマ帝国の末期にキリスト教が普及した。中世には、ランゴバルド王国、東ローマ帝国、フランク王国によって順次その支配下に置かれた。1060年からコムーネ(自治都市)となるが、15世紀以後はハプスブルク家の支配下に置かれた。1719年に自由港が建設されて商人や職人が集まるようになり、オーストリア・ハンガリー帝国の主要な商業の中心地となった。フランス革命後、1797年、1805年、1809~1813年の三度にわたってフランスが支配したが、その後はオーストリア支配に戻り、1897年からはオーストリア議会に議員を送った。このころから、この地域の住民であるイタリア人とスラブ人との間の対立が激化するようになり、イタリアと旧ユーゴスラビアの係争地となった。

[藤澤房俊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トリエステ
(Trieste)
[一] イタリアの港湾都市。アドリア海北岸にあり、バルカン半島・中央ヨーロッパへの門戸として繁栄。造船・機械・化学工業が盛ん。
[二] アドリア海の北岸、イタリアとスロベニアとの国境にまたがる地方。一四世紀からハプスブルク家の領地で、第一次大戦後イタリア領。第二次大戦後の一九五四年、イタリア領とユーゴスラビア(現スロベニア共和国)領とに分割。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

トリエステ
Trieste
イタリア北東部,ユーゴスラヴィアとの国境近く,アドリア海北部に面する港湾都市
ローマ時代から交通の要衝となり,特にドナウ川周辺の物資集散地となった。14世紀以来オーストリア領となり,同国の海上への出口となっていた。「未回収のイタリア」の1つとされ,第一次世界大戦後はイタリア領,第二次世界大戦後はその帰属をめぐってイタリア・ユーゴスラヴィア間に紛争が続いたが,1947年2月の対イタリア講和条約国連の管理下に置かれることになり,さらに54年には両国で同市を分割して,港を含む市の北部はイタリア領,南半部はユーゴスラヴィア領,ただし港は自由港とすることで決着した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリエステ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トリエステの関連情報

関連キーワード

クレジット・デリバティブツクバリカセイキ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation