@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トリエント公会議【トリエントこうかいぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トリエント公会議
トリエントこうかいぎ
Council of Trent; Concilium Tridentinum
宗教改革期の 1545~63年にイタリアの南チロルの町トリエントで開かれた宗教会議。カトリック教会(→カトリック)によれば,第19回公会議で,宗教改革の危機を克服するためカトリック教会を改革するとともに教義の強化をはかった。第1期,1545~47年。ニカイア・コンスタンチノープル信条を信仰の基礎と認め,ウルガタ訳聖書権威を認め,原罪についての正統教義を確認。説教師(→説教)に対する監督権を司教に与え,司教には任地定住を課した。義認については人間の意志と神の助力との協力によるものであり,人間の側には功徳の可能性があり,しかも恩恵によって内的に聖化されるという重要な決議がなされた。次いで秘跡(→サクラメント)が討議されたが,シュマルカルデン戦争の激化によりボローニャに会場を移し,やがて中断した。第2期,1551~52年。ユリウス3世によって再度トリエントで開催。聖体イエス・キリストが実在することが主張され,告解の秘跡終油の秘跡に関する決議などがなされた。ドイツからプロテスタント(→プロテスタント教会)の代表が加わり,対立したまま暗礁に乗り上げ,ドイツにおける内乱の再発により中断。第3期,1562~63年。主としてフランスのカルバン主義を対象としてピウス4世が招集。第2期の聖体の秘跡に関する主張を決議し(→聖餐論争),ミサはイエス・キリストの十字架上の犠牲と本質を同じくし,死者のためにも聖者をたたえるためにもなされるとした。フランスの代表団が加わり,司教定住問題などをめぐって危機に直面したが,新しい教皇使節モローネが手腕を発揮して事態を収拾した。モローネはさらに,枢機卿(→カーディナル),司教の任命と職務,教区会議と管区会議の開催,司教の巡察,説教の義務などを定めた教会改革の決議を達成した。1564年ピウス4世が教会改革決議を承認し,それを実効性あるものとするために,枢機卿会議の設置,決議文の普及,ローマ・カトリックのカテキズムの出版,改訂版ウルガタ聖書の出版などを決めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トリエント‐こうかいぎ〔‐コウクワイギ〕【トリエント公会議】
1545年から1563年にかけて、イタリア北部の都市トリエント(Trient、トレントのドイツ語名)で開催された公会議宗教改革運動に対抗するため、カトリックの教義を再確認するとともに教会の諸改革を決定し、近代カトリシズムの基礎を固めた。→反宗教改革

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トリエントこうかいぎ【トリエント公会議】
1545‐63年,北イタリアのトレント(ドイツ語名トリエント)で開かれた第19回世界教会会議。1520年代から教会改革のために教会会議開催の必要が叫ばれていたが,キリスト教社会内外の政治的対立で開催がおくれ,教皇パウルス3世(在位1534‐49)の努力によって実現したもの。プロテスタントの主張に対してローマ・カトリックの教義を明らかにし,またカトリック教会の改革を具体化する重要な教令を決定したことにこの会議の意義がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

トリエントこうかいぎ【トリエント公会議】
1545年から63年まで、トリエントを中心に行われたカトリック教会の総会議。宗教改革に対抗して教会の粛正や教義の確定などを行い、近代カトリックの基礎を形づくった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

トリエント公会議
トリエントこうかいぎ
Tridentinisches Konzil (ドイツ)
1545年から1563年まで,カール5世が宗教改革に対抗して,ローマ教皇パウルス3世と北イタリアのトリエント(イタリア名トレント)で開いた会議
1545〜47年,1551〜52年,1562〜63年の3回に分けられ,カトリック教会内部の粛正,教皇の至上権と無謬 (むびゆう) 説,宗教裁判の励行,禁書目録の作成,『聖書』と伝承の権威の承認などが決議された。これによってカトリックの再建方法がきまり,プロテスタントに対して勢力を回復する契機となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

トリエント公会議
とりえんとこうかいぎ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリエント公会議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トリエント公会議の関連情報

関連キーワード

チェリーニルートウィヒ川越城ファルネーゼ植物園パウルス(3世)パレ鳥谷敬梅の日

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation