@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トリオ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トリオ
trio
三重奏あるいは三重唱。3声部によって構成される楽曲ないしその演奏形態をさすが,演奏媒体の組合せ,またこの言葉の使用範囲はきわめて多岐にわたる。楽器編成としての三重奏を意味する以外にも,メヌエットスケルツォ,また行進曲などの中間部もトリオと呼ばれる。それはかつてバロック組曲のなかでメヌエットが3声部書法をもつ第2メヌエットを伴っていたことに発している。第2メヌエットは,のちにトリオと題されるようになり,古典派ではメヌエット-トリオ-メヌエットというが特にソナタの第3楽章におかれた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トリオ(〈イタリア〉trio)

㋐三重奏。三重唱。
スケルツォメヌエットなど三部形式の楽曲の中間部。
三人組。三つ組。「トリオを組む」「クリーンナップトリオ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

トリオ【trio】
三人が一組になっていること。三人組。 クリーンナップ -漫才
三重奏。三重唱。
メヌエットやスケルツォの中間部。
三声部で書かれた楽曲。トリオソナタ・オーケストラトリオなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

トリオ
とりお
trio
西洋音楽における合奏、合唱の概念の一つ。本来は3人で奏せられる、あるいは歌われる音楽のこと。三重奏とか三重唱と訳されることもある。狭義には前者をさすが、そのなかには18世紀中ごろ以後、とりわけ好まれたいくつかの編成があった。ピアノ、バイオリン、チェロからなるピアノ三重奏(トリオ)、バイオリン、ビオラ、チェロからなる弦楽三重奏が代表的なものだが、三つの楽器の結び付き方にはその他多くの可能性がある。バロック時代には、二つの旋律楽器(バイオリンやオーボエなど)と通奏低音という三声部からなる楽曲がとくに好まれ、トリオ・ソナタとよばれていた。またメヌエットなどの楽曲は、二つのメヌエットが連続して、最後にもう一度最初のメヌエットが回帰するという形をよくとっていたが、真ん中に挟まれた第二メヌエットはしばしば三声部で書かれていたために、やがてトリオとよばれるようになる。それがさらに転じて、マーチやスケルツォなどの中間部を、特別な意味なくトリオと称する習慣も生まれた。[大崎滋生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トリオ
〘名〙 (trio)
① 三重奏。または、三重唱。
※破垣(1901)〈内田魯庵〉四「某々楽師の管絃三部合奏(トリオ)と」
② スケルツォやメヌエットなどの舞曲や行進曲などの中間部。
③ 持ち分の違った人間が三人組になること。また、その三人組。
※古川ロッパ日記‐昭和九年(1936)二月五日「徳川・大辻も出ることになるらしい、向ふでは之をトリオと心得てるんだから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリオ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トリオの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation