@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トリクロロエタン

デジタル大辞泉

トリクロロエタン(trichloroethane)
有機塩素化合物一種。1・1・1-トリクロロエタンは刺激性の液体金属プラスチック洗浄剤として、また特にドライクリーニングに多く用いられてきたが、フロンとともにオゾン層を破壊するものとして1995年末に全廃。メチルクロロホルム。クロロセン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トリクロロエタン
trichloroethane
分子式は C2H3Cl3。1,1,1-トリクロロエタンと 1,1,2-トリクロロエタンがある。1,1,1-トリクロロエタンは無色透明の揮発性液体で,洗浄能が大きく,半導体などの洗浄に用いられた。しかし,オゾン層を破壊することから,オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書によって製造が禁止されると,日本でもオゾン層保護法によって規制され,1996年に一部用途を除き生産および消費が全廃された。1,1,2-トリクロロエタンは無色透明な液体で,塩化ビニリデン原料や各種溶剤などに用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリクロロエタン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トリクロロエタンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation