@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トリニール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トリニール
Trinil
インドネシア,東部ジャワを東西に流れるソロ川上流の集落。 1891年にオランダ人 E.デュボアピテカントロプス・エレクトゥス (直立猿人) をこの地で発見したことで有名。その後 1907~08年にはセレンカの調査隊がこの地の更新世の動物相,植物相を明らかにしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トリニール(Trinil)
インドネシア、ジャワ島中東部、ソロ川中流域の地名。19世紀末に化石人類が発見された。→ジャワ原人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トリニール【Trinil】
インドネシアのジャワ島中部のソロ川中流沿岸の村。1891年にオランダ人のE.デュボアが,初めてピテカントロプス・エレクトゥスの頭蓋骨をこの地で発見した。出土した地層は中部洪積世のカブーKabuh層であり,その層から出土した動物化石などによる動物層はトリニール相と呼ばれる。北京原人の発見までの間,多くの議論を喚起したピテカントロプスの発見地であるトリニールは,セレンカH.Selenkaの調査隊によって,1907‐08年に再び調査されたが,豊富な動物化石を得たのみで人骨は発見されなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

トリニール
とりにーる
Trinil

インドネシア、ジャワ島中部、ソロ川中流域に位置する、ピテカントロプス(ホモ・エレクトゥス・エレクトゥス)の最初の出土地。1891年オランダのデュボアが、トリニール村を流れるソロ川の中州から頭骨を発見した。92年、頭骨出土地点から15メートル離れた地点で左大腿(だいたい)骨を発見し、94年にこれらの動物化石をピテカントロプス・エレクトゥスとして報告。1907~08年にドイツのセレンカが、中州を挟む両側の地層を組織的に調査し、ステゴドンゾウなどを標式化石とするトリニール層(中部更新世)の動物相、植物相を明らかにし、その後のジャワ島中部サンギランにおけるジャワ島更新世人類の研究の基礎を築いた。

[青柳洋治]

『鈴木尚著『化石サルから日本人まで』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トリニール
(Trinil) インドネシア、ジャワ島中東部、ソロ川中流域の地名。一九世紀末に化石人類ピテカントロプスが発見された。→ジャワ原人

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

トリニール
Trinil
インドネシアのジャワ島中部のソロ川流域の村
オランダ人デュボアによりジャワ原人が発見された場所。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリニール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トリニールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation