@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トリバンドラム

デジタル大辞泉

トリバンドラム(Trivandrum)
インド南部、ケララ州市。同州の州都アラビア海に臨む。18世紀にトラバンコール藩王国の都が置かれた。内陸約3キロメートルの高台の上に藩王の宮殿、大学、博物館などがある。北西部に工業地帯が広がり、同国のIT産業、宇宙開発の中心地の一つとなっている。南郊コバラムは海岸保養地として有名。ティルバナンタプラム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トリバンドラム【Trivandrum】
インド最南端,ケーララ州南境近くの同州の州都。人口52万4000(1991),大都市域人口82万6000(1991)。州公用語のマラヤーラム語名はティルバナンタプラムTiruvanantapuramで,〈聖なるの町〉の意。アラビア海から約3km離れた丘陵上にあり,18世紀末以来トラバンコール・コーチン藩王国の首都であった。町はパドマナーバスワーミ寺院を中心に発達。象牙細工紫檀・黒檀の木彫などの伝統工業のほか,ロープ,コプラエボナイト薬品などの工業が立地する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

トリバンドラム
とりばんどらむ
Trivandrum

インド南西部、ケララ州の州都。コモリン岬の北西80キロメートル、アラビア海に臨む。人口74万4739、周辺部を含む人口88万9191(2001)。18世紀のトラバンコール藩王国の首都で、高台にある街の中心に王宮、トラバンコール大学、ネイピア博物館など教育・文化施設の多い落ち着いた趣(おもむき)のある都市である。年平均気温27℃、年降水量1800ミリメートルの熱帯モンスーン気候下にあり、14キロメートル離れたコバラム・ビーチを代表とするマラバル海岸が美しい。北西部は工業地帯で、金属、ゴム、チタン工業がある。商店街はチャライ・バザール、パラヤムが中心である。国道47号が通り、サウザン鉄道の終点でもある。18世紀初頭に建造されたヒンドゥー教のパドマナーバスワーミ寺院がある。

[成瀬敏郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トリバンドラム
Trivandrum
ティルバナンタプラム」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリバンドラム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トリバンドラムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation