@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トリポリエ文化【トリポリエぶんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トリポリエ文化
トリポリエぶんか
Tripolye culture
ウクライナ地方の新石器文化。ルーマニアククテニ文化と近い関係にあるため,しばしばククテニ・トリポリエ文化と呼ばれる。標準遺跡ウクライナにある同名の遺跡幾何学文渦巻文を特徴とする彩文土器が出土する。トリポリエ文化はA,B,Cの3期に細分されている。集落址として調査されることが多い。住居は木材などを利用して造られた長方形のものであり,主要な生業は麦類を耕作する農耕であり,飼育も行われていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とりぽりえぶんか【トリポリエ文化】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

トリポリエ文化
とりぽりえぶんか
Toripol'e

ヨーロッパの新石器(農耕)文化の一つ。紀元前四千年紀ごろウクライナ西部からルーマニア東部にかけて広まった。ルーマニアを中心とするククテニ文化との関連が強い。A~Cの3期に区分される。小麦、大麦、ライ麦をつくり、ウシ、ブタ、ヒツジを飼育した。狩猟も広く行われ、オオジカ、アカシカ、イノシシ、ガンなどを狩った。地母神像と考えられる女性土偶がしばしば製作された。大きな腹、臀(しり)、小さな乳房、扁平な頭部などに特色がある。土器は赤、白、黒色で彩色し、曲線や幾何学文が描かれる。集落は堀を巡らし、多くの長方形の家屋が円形に並んでいることが多い。中央に多数の部屋をもつ大型家屋が置かれることもある。

[鈴木忠司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリポリエ文化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トリポリエ文化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation