@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トリュフォー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トリュフォー
Truffaut, François
[生]1932.2.6. パリ
[没]1984.10.21. ヌイイシュルセーヌ
フランスの映画監督,映画評論家。生後まもなく両親が離婚し,叔母のもとで育つ。初等教育を終えると工場で働き始めるが長続きせず職を転々とする。少年時代から映画を愛好し,15歳のときにシネクラブを主催,映画評論家アンドレ・バザンと出会う。兵役後の 1950年頃からバザンの紹介で『カイエ・デュ・シネマ』『アール』誌の映画欄を担当。フランス映画の巨匠たちを辛辣に批評し「フランス映画の墓堀人」とあだ名される。この頃から映画制作に乗リ出し,1954年に 16mm短編『ある訪問』Une visiteを監督。1956年にはロベルト・ロッセリーニの助手を務め,1957年制作会社レ・フィルム・デュ・キャロッスを設立し,初の 35mm短編『あこがれ』Les mistons(1958)を発表。1959年には少年時代の体験に基づく自伝的初長編大人は判ってくれない』 Les Quatre Cents Coupsでカンヌ国際映画祭監督賞を受賞。ジャン=リュック・ゴダールと並んでヌーベルバーグの寵児となる。次作の『突然炎のごとく ジュールとジム』Jules et Jim(1962)以降はほぼ 1年に 1作のペースで作品を発表し,国際的な名声を不動のものとする。ほかに『二十歳の恋』Antoine et Colette(1962),『夜霧の恋人たち』Baisers volés(1968),『家庭』 Domicile conjugale(1970),『逃げ去る恋』L'Amour en Fuite(1978)などの『大人は判ってくれない』の少年ドワネルの成長を追うシリーズ,『アメリカの夜』La nuit Américaine(1973。アカデミー賞外国語映画賞),『トリュフォーの思春期』L'Argent de poche(1976),『日曜日が待ち遠しい!』Vivement dimanche(1982)など。著書に尊敬する映画監督アルフレッド・ジョーゼフ・ヒッチコックへのインタビューをまとめた『映画術』 Le cinéma selon Alfred Hitchcock(1966)がある。また俳優としてスティーブン・スピルバーグ監督の『未知との遭遇』Close Encounters of the Third Kind(1977)などにも出演している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トリュフォー(François Truffaut)
[1932~1984]フランスの映画監督。長編第1作「大人は判ってくれない」でヌーベルバーグ代表者の一人となる。多彩な作風で愛のテーマを追求。他に「突然炎のごとく」「恋のエチュード」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トリュフォー【François Truffaut】
1932‐84
フランスの映画監督。映画作家・理論家のアレクサンドル・アストリュックは,トリュフォーを〈愛のシネアスト〉と定義した。トリュフォー自身,彼の映画の〈愛〉のモティーフを〈女と子どもと書物〉だと語っていて,たとえば〈女への愛〉は代表作の一つとされる《突然炎のごとく》(1961)や《恋のエチュード》(1971)や《隣の女》(1981)に,〈子どもへの愛〉は最初の長編であり映画史上稀有(けう)な自伝的シリーズ〈アントアーヌ・ドワネルもの〉の第1作ともなる《大人は判ってくれない》(1959)や《野性の少年》(1969)や《トリュフォーの思春期》(1976)に,〈書物への愛〉は《華氏451》(1966)に端的に表れ,そしてそれらすべてを貫いているのが《アメリカの夜――映画に愛をこめて》(1973)で直接的に表現されていたように,〈映画への愛〉といえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

トリュフォー【François Truffaut】
1932~1984 フランスの映画監督。評論・短編演出を経て「大人は判ってくれない」でヌーベルバーグを先導。「柔らかい肌」「夜霧の恋人たち」「アメリカの夜」「思春期」「隣の女」と、作品に愛の主題を貫く。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

トリュフォー
とりゅふぉー
Franois Truffaut
(1932―1984)
フランスの映画監督。2月6日パリに生まれる。少年時代から映画を愛好し、映画批評家アンドレ・バザンの知己を得て、兵役を終えると映画雑誌などに筆をとりながら短編映画の製作を始めた。少年時代の体験に基づく自伝的な長編第一作『大人は判(わか)ってくれない』(1959)、ついでスリラーもののパロディー『ピアニストを撃て』(1960)、恋愛ものの傑作『突然炎のごとく』(1962)と発表。ヌーベル・バーグのもっとも個性的な作家の一人となった。デビュー作とともに少年ドワネルの成長を追う四部作『二十歳の恋』(1962)、『夜霧の恋人たち』(1968)、『家庭』(1970)のほか、作品は多彩で、『華氏451』(1966)、『黒衣の花嫁』(1968)、『恋のエチュード』(1971)、『映画に愛をこめて アメリカの夜』(1973)、『アデルの恋の物語』(1975)、『トリュフォーの思春期』(1976)、『緑色の部屋』(1978)、『終電車』(1980)などがある。また俳優として自作『野性の少年』(1969)などに出演したほかアメリカ映画『未知との遭遇』(1977)にも出演、1962年には傾倒するヒッチコック監督に延べ50時間に及ぶインタビューを行って対談集『アルフレッド・ヒッチコックによる映画』(1966)を発表、貴重な記録になっている。1984年10月21日癌(がん)のため死去。[村山匡一郎]

資料 監督作品一覧

あこがれ Les Mistons(1957)
水の話 Une histoire d'eau(1958)
大人は判ってくれない Les quatre cents coups(1959)
ピアニストを撃て Tirez sur le pianiste(1960)
突然炎のごとく Jules et Jim(1962)
二十歳の恋~「アントワーヌとコレット」L'Amour vingt ans - Antoine et Colette(1962)
柔らかい肌 La peau douce(1964)
華氏451  Fahrenheit 451(1966)
黒衣の花嫁 La marie tait en noir(1968)
夜霧の恋人たち Baisers vols(1968)
暗くなるまでこの恋を La Sirne du Mississipi(1969)
野性の少年 L'enfant sauvage(1969)
家庭 Domicile conjugal(1970)
恋のエチュード Les deux Anglaises et le continent(1971)
私のように美しい娘 Une belle fille comme moi(1972)
映画に愛をこめて アメリカの夜 La nuit amricaine(1973)
アデルの恋の物語 L'histoire d'Adle H.(1975)
トリュフォーの思春期 L'argent de poche(1976)
恋愛日記 L'homme qui aimait les femmes(1977)
緑色の部屋 La chambre verte(1978)
逃げ去る恋 L'amour en fuite(1978)
終電車 Le dernier mtro(1980)
隣の女 La femme d' ct(1981)
日曜日が待ち遠しい! Vivement dimanche!(1982)
『トリュフォー著、山田宏一・蓮實重彦訳『わが人生・わが映画』『映画の夢・夢の批評』(1979・たざわ書房) ▽山田宏一・蓮實重彦著『トリュフォーそして映画』(1980・話の特集) ▽トリュフォー著、山田宏一・蓮實重彦訳『映画術 ヒッチコック』(1981・晶文社) ▽山田宏一著『トリュフォー ある映画的人生』(1991・平凡社) ▽山田宏一著『フランソワ・トリュフォー映画読本』(2003・平凡社) ▽山田宏一著『トリュフォーの手紙』(2012・平凡社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トリュフォー
(François Truffaut フランソワ━) フランスの映画監督。長編第一作「大人は判ってくれない」でヌーベルバーグの代表者の一人となる。多彩な作風で愛のテーマを追求。他に「突然炎のごとく」「恋のエチュード」など。(一九三二‐八四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリュフォー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トリュフォーの関連情報

関連キーワード

清水宏成瀬巳喜男山中貞雄斎藤寅次郎[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門スペースシャトル飛行記録マキノ雅広五所平之助小津安二郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation