@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トリー・キャニオン号事件【トリー・キャニオンごうじけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トリー・キャニオン号事件
トリー・キャニオンごうじけん
Incident of the Torrey Canyon
リベリア船籍の 12万tタンカー『トリー・キャニオン』号が 1967年3月 18日イギリスのコーンウォール半島ランズエンド岬とシリー諸島との間の海上で座礁し,原油約6万tが流出,イギリス,フランス両国海岸を汚染し,甚大な被害を与えた海難事件。同船はクウェート産原油を満載し,ペルシア湾からイギリスに向け航行中であった。この事件は大型タンカーによる油濁事故の恐ろしさを世界に認識させ,その油濁事故規制と油濁責任についての国際条約成立契機となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とりーきゃにおんごうじけん【トリー・キャニオン号事件】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

トリー・キャニオン号事件
とりーきゃにおんごうじけん
Torrey Canyon incident
1967年3月18日、リベリア船籍のタンカー、トリー・キャニオン号(11万8285重量トン)がペルシア湾から原油を積載してイギリスのミルフォード・ヘブンに向けて航行中、英仏海峡の西端のシリー諸島とランズ・エンドの間の公海上で座礁し、船体から流れた油によってイギリスのコーンウォール海岸およびフランスのブルターニュ海岸を汚染した事件。イギリスは、洗浄剤散布などにより防除作業を行ったが、船体に残る油を燃焼するため、海空軍の爆撃機によって船体を爆破した。この事件は、それまでの海事史上未曽有(みぞう)の油濁事故であり、事件後、政府間海事協議機関(現・国際海事機関)において、油濁事故に関する法的技術的問題が検討された。[水上千之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリー・キャニオン号事件」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トリー・キャニオン号事件の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation