@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トルコ族【トルコぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トルコ族
トルコぞく
Turkic peoples
言語的にアルタイ語族に属する一民族。バイカル湖南岸からアルタイ山脈北方に分布し,前3世紀末頃から丁零の名で中国史料に現れる。5世紀末にはジュンガリアに高車国を建て,6世紀にはモンゴル,中央アジアに突厥が興った。8世紀中頃,東西に分裂していた突厥帝国の東部ウイグルによって受け継がれたが,9世紀中頃にはこれもキルギスによって瓦解させられた。中央アジアへ移動したトルコ族はこの間にしだいに遊牧から定着生活に移るとともに,この地方のイラン=アーリア系諸民族をトルコ化し,ここにトルキスタンが成立した。しかし,トルコ族の一部はさらに西へ進み,アッバース朝の傭兵,奴隷としてイスラム化し,やがてセルジューク朝を樹立してバグダードを首都とし,イスラム世界を実質的に支配するにいたった。さらに小アジアへ進出した一派は,オスマン帝国を建設し,1453年になってビザンチン帝国を滅ぼし,1517年にはエジプトをも押えて名実ともにイスラム世界の盟主となった。第1次世界大戦後,オスマン帝国が滅亡すると,ケマル・アタチュルクの指導するトルコ共和国が成立した。なお,サハ共和国,カザフスタン,キルギス,ウズベキスタン,トルクメニスタン,バシコルトスタン共和国,アゼルバイジャンなどの住民の大半はトルコ系である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トルコ‐ぞく【トルコ族】
トルコ共和国を中心に、広くヨーロッパシベリア・中央アジアに居住する民族。6世紀に突厥(とっけつ)を建国し、11世紀にはセルジュークトルコ、13世紀末にはオスマン帝国を建てた。人種的には、コーカサス人・イラン人との混血が続き、本来の特徴を失っている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トルコぞく【トルコ族 Türk】
チュルク諸語のいずれかを使用する民族を指す呼称で,現在,東方ヤクート族から西方のトルコ,ガガウズ,カライムの諸族に至るまで,ユーラシア大陸の諸地域に,広く分散して居住している。しかし彼らは,必ずしも古くからこれらの諸地域に居住していたのではなく,たとえば,現在トルコ族の住むアナトリアは,もともとヒッタイト人やギリシア人の住地であり,また現在ウズベク族ウイグル族などの居住する中央アジアのオアシス定住地帯は,ソグド人,トハラ人などアーリヤ系諸民族の住地であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

トルコ‐ぞく【トルコ族】
〘名〙 ヨーロッパの一部、シベリア、中央アジアに居住する民族。古く北蒙古にあったものは丁零(ていれい)、高車(こうしゃ)と呼ばれた。六世紀にアルタイ山脈西南に突厥(とっけつ)がおこり、その東部をウイグルが受け継いだ。西部では一一世紀にセルジュク‐トルコが帝国を建て、イラン、小アジア、シリアを支配。その滅亡後オスマン‐トルコがこれに代わり、さらにケマル=アタチュルクの革命後トルコ共和国となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トルコ族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トルコ族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation