@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トルン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トルン
Thorn, Gaston
[生]1928.9.3. ルクセンブルク
[没]2007.8.26. ルクセンブルク
ルクセンブルクの政治家。第2次世界大戦後スイスとパリの大学で法学を学んだ。 1957年ルクセンブルク市評議会議員。 1959年国会議員兼ヨーロッパ議会 Council of Europe議員。 1961年以来民主党党首。 1968年外務大臣。 1974年首相兼外相。 1975~76年国連総会議長。 1976年ヨーロッパ共同体 EC理事会議長,1981~84年 EC委員長。ヨーロッパ統合の推進者。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トルン
Toruń
ポーランド北部,クヤフスコ・ポモルスキェ県の県都。ドイツ語ではトーン Thorn。ウィスワ川右岸河口グダニスク中流ワルシャワとのほぼ中間,ビドゴシュチの東方に位置する。 1230~31年にドイツ騎士団が城を築き,以後交易都市として繁栄。 14世紀にはハンザ同盟に加盟。 1793年の第2次ポーランド分割以来,1807~15年のワルシャワ公国時代を除き,1919年までプロシア領であった。化学,機械,電機,繊維などの工業が行なわれ,中世からの伝統をもつ菓子製造も盛ん。旧市街を中心に中世の建物が多く残る町並みは,1997年世界遺産文化遺産に登録。 14世紀の市庁舎,ゴシック様式の三つの聖堂,かつての盛んな穀物取り引きを偲ばせる倉庫群,川沿いの城壁跡,ポモージェ地方の遺物を集めた民俗博物館などがある。ニコラウス・コペルニクス (ポーランド語でミコワイ・コペルニク,1473~1543) の生地で,銅像および名前を冠した大学 (1945創立) がある。人口 21万 1243 (2002) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トルン(Toruń)
ポーランド中北部の工業都市ビスワ川に沿う。13世紀にドイツ騎士団拠点が置かれ、中世より貿易の中継地として栄えた。旧市庁舎、聖母マリア教会聖ヨハネ大聖堂、ドイツ騎士団城跡など、13世紀から14世紀にかけての歴史的建造物が数多く残り、1997年に「中世都市トルン」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。地動説を唱えた天文学者コペルニクスの生地でもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トルン【Toruń】
ポーランド中北部,同名県の県都。人口20万3800(1995)。ワルシャワの北西180kmにあり,ビスワ川中流右岸に発達する工業・商業都市で,鉄道,道路,河港により交通上の重要地点。コペルニクスの生誕地としても有名である。町は1231年に記録に現れ,商業中心地として繁栄したが,ドイツ騎士修道会の東漸の拠点となった。13~17世紀のドイツ風の建物が多く,市場を中心にゴシックの教会,城壁跡などがある。【山本

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

トルン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トルンの関連情報

関連キーワード

島津保次郎斎藤寅次郎マキノ雅広清水宏五所平之助衣笠貞之助田坂具隆稲垣浩キャプラ治安維持法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation