@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トレッキング

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トレッキング
trekking
比較的長期間にわたる山麓歩き。ヒマラヤ山麓を歩く「ヒマラヤ・トレッキング」がその代表。本来は南アフリカのオランダ系住民ボーア人のことばで,「牛車に乗って旅をする」意味に使われ,単に「旅をする,移住する,出発する」などの意味にも使われたという。ネパールでは,山地などを旅行する場合に政府が発行する許可証を「トレッキング・パーミット」といい,1666~69年の登山禁止期間中に,多くの登山家がきたるべき解禁に備えてヒマラヤ山中をトレッキングして以降,用語として定着した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

トレッキング
山麓の登山コースなどを歩くこと。川沿いをたどるリバートレッキングや雪原を歩き回るスノートレッキング、鉄道の廃線跡を歩く廃線トレッキングなど、楽しみ方は様々。海外では指定の山域へは入山届を出し、入山・入園料が徴収される所もある。
(松倉一夫 アウトドアライター / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

トレッキング(trekking)
健康やレクリエーションを目的とした山歩き。また、高山の山麓を徒歩で旅行すること。歩くスキーなどについてもいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とれっきんぐ【トレッキング】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

トレッキング
とれっきんぐ
trekking

元来は南アフリカのアフリカーンス語が語源で、牛車で旅行すること、苦労して旅行することなどの意味だが、近年は専門的な技術で高い山に登るのでなく山麓(さんろく)周遊旅行や小登山などの意に解されている。登山や旅行の一つの形として近年盛んになった。一般には日本ではヒマラヤ周辺の山麓周遊やあまり高くない山に登ることに用いられることが多い。ネパールではトレッキング許可で登れる山のリストを公表している。カラコルム地域ではリエゾンオフィサー(付添官)の同行が必要とされる場合がある。

[徳久球雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トレッキング
〘名〙 (trekking) 健康とレクリエーションを目的とした山歩き。また、高山の山麓を徒歩で旅行すること。歩くスキーなどについてもいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トレッキング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トレッキングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation