@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トレド大聖堂【トレドダイセイドウ】

デジタル大辞泉

トレド‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【トレド大聖堂】
Catedral de Santa María de Toledo》スペイン中央部、カスティーリャ‐ラ‐マンチャ州の都市トレドにあるゴシック様式の大聖堂。スペインカトリック教会の首座司教座。カスティーリャ王フェルナンド3世により13世紀に建設が始まり15世紀末に完成。エル=グレコの「聖衣剝奪」や「十二使徒」のほか、ゴヤティツィアーノによる絵画がある。1986年、「古都トレド」の名称で旧市街全域が世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とれどだいせいどう【トレド大聖堂】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

世界の観光地名がわかる事典

トレドだいせいどう【トレド大聖堂】
スペインのほぼ中央部、首都マドリードの南約70kmにあるカスティーリャラマンチャ州の州都トレド(Toledo)にあるゴシック様式大聖堂(カテドラル)。バチカンサンピエトロ大聖堂を除くと、カトリックの大聖堂としてはセビリア大聖堂と並んで世界最大級である。ブルゴス大聖堂レオン大聖堂とともに、スペインゴシック様式の3大カテドラルの一つに数えられるほか、スペインのカトリックの総本山といわれる寺院である。この聖堂は、1226年に、フェルナンド3世の命により、かつてのローマ支配時代に宮殿があったところにフランスのブールジュの大聖堂を模して着工して、1493年に完成した。その後、アルフォンソ6世やアルフォンソ10世の時代に大規模な改築が行われ、16世紀に今の形になった。この大聖堂には、トレドゆかりの宮廷画家エル・グレコ(El Greco、1541~1614年)の「聖衣剥奪」、「十二使徒」の絵画があることでも知られている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トレド大聖堂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トレド大聖堂の関連情報

関連キーワード

マイケルズコルドバ大聖堂サンタエウラリア大聖堂サンタマリアデレグラ大聖堂セゴビア大聖堂パルマデマリョルカ大聖堂バレンシア大聖堂パンプローナ大聖堂サンタマリアラメノール大聖堂サンタアナ大聖堂

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation