@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トレント川【トレントがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トレント川
トレントがわ
River Trent
イギリスイングランド中部を流れる川。全長約 270km。流域面積約 1万km2。ミッドランド地方の主要河川で,ペナイン山脈南部西斜面のストークオントレント付近に源を発し,スタッフォードシャー県南東北東へ流れたのち,ダービーシャー県南端部を横切り,ノッティンガムシャー県を北東流,ノースリンカーンシャーハンバー川と呼ばれる三角江(エスチュアリー)に注ぎ,キングストンアポンハルを経て北海に出る。オールラスまでは狭い谷を流れるが,それより下流は幅広い氾濫原を流れ,ニューアークオントレントより下流は落差がきわめて小さく,潮汐作用の影響がニューアークオントレントの下流約 5kmのところまで及ぶ。主要支流はダブ川,ダーウェント川,ソア川。キングストンアポンハルへのタンカー航路として重要で,沿岸にはノッティンガムシャーの工業地帯,ダービーシャーの炭鉱地帯がある。バートンの下流には 1960年代に八つの発電所がつくられ,コタムウェストバートンの発電所(200万kW)は当時ヨーロッパ最大のものであった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

トレント川
とれんとがわ
Trent
イギリス、イングランド中東部の川。ペニン山脈南部に発し、北東方向に流れ、河口部はハンバー川とよばれる広い三角江となって東流し、北海に注ぐ。イングランド中央部の炭田に立地する工業地帯を流れる重要な河川で、総延長約270キロメートル。流路に沿って、レスターダービーノッティンガムストーク・オン・トレントなどの工業都市がある。[小池一之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トレント川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トレント川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation