@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トロヤ【とろや】

世界大百科事典 第2版

とろや【トロヤ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

トロヤ【Troia】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

トロヤ
とろや
Troia
トルコの小アジア半島(アナトリア)北西端にある先史時代の都市遺跡。1998年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。英語名トロイTroy。トロアスTroas地方のエーゲ海沿岸から5キロメートルほど内陸のヒッサリクHissarlikの丘を占める。ドイツの考古学者シュリーマンはこの地をホメロスの『イリアス』に歌われたトロヤであると比定し、1870年から発掘を開始した。1882年から彼を補佐したデルプフェルトによれば、最下層の第一市から最上層の第九市まで九つの町が重なっていた。1932年からブレーゲンによる徹底的な再調査が行われ、19世紀の発掘であいまいであった諸点が解明された。トロヤ第一市は紀元前3000年ごろに創設された。シュリーマンが「プリアモスの財宝」と確信した財宝が出土した第二市は、前三千年紀後半の町であった。トロヤがもっとも広い町として栄えたのは第六市(前1900~前1240)であったが、地震で崩壊し、続く第七A市は規模が縮小された。この第七A市は焼き払われているところから、トロヤ戦争の伝承と結び付ける見解も出されているが、決定的なことはいえない。第八~九市はギリシア・ローマ時代の町であり、町の名称はトロヤではなくイリオンIlionである。[馬場恵二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トロヤ
(Troia) =トロイ
※仮名草子・伊曾保物語(1639頃)上「ひりしやの国とろやと云所に、あもうにやといふ里あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

トロヤ
Troja
小アジア北西のヒサルリク丘にある古代都市国家の遺跡。英語ではトロイ(Troy)
ギリシア時代にはイリオン(Ilion)と呼ばれ,ホメロスの叙事詩『イリアス』の舞台として有名。1870年からドイツの考古学者シュリーマンによって発掘され,今日では9層の遺跡のうち,第6と第7a層がホメロスの詩中で炎上したトロヤ市の跡とされている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トロヤ(〈ギリシャ〉Troia)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トロヤ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トロヤの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation