@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トンキン湾【トンキンワン】

デジタル大辞泉

トンキン‐わん【トンキン湾】
Gulf of Tonkin》ベトナムの北東岸と中国の雷州半島海南島とに囲まれた南シナ海支湾。1964年8月に、アメリカベトナム戦争介入の口実とした軍事衝突(トンキン湾事件)のあった所。北西部に奇峰が林立する独特な自然景観で知られるハロン湾がある。バクボ湾。北部湾。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トンキンわん【トンキン湾 Gulf of Tonkin(Tongking)】
南シナ海北西部の海湾。西岸はベトナム,北は中国広西チワン族自治区,東は同じく雷州半島ならびに海南島で囲まれる奥行き約500km,湾口のベトナムのムイドク岬と海南島南西の鶯歌嘴の間の東西直線距離は約230km。西岸にはソンコイ川デルタが展開し海岸線は単調であるが,その北のアロン湾から広西海岸にかけては沈降性で海岸線の出入りが複雑である。沿岸に島も多い。雷州半島と海南島との間には瓊州(けいしゆう)(海南)海峡がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

トンキン湾
とんきんわん
Gulf of Tonkin

ベトナムの北東海岸と、中国の広西チワン族自治区、雷州(らいしゅう)半島および海南島に囲まれた南シナ海の支湾。湾の西岸にはハロン湾、ファイ・ツイ・ロン群島などがあって出入りに富み、湾口南東部には大暗礁地帯がある。湾内の水深は中央部がもっとも深く50~70メートルに達する。海底は一般に柔らかく、船の投錨(とうびょう)に適している。北東モンスーンが10月初旬から翌年3月まで、南西モンスーンが4~5月から9月ごろまで吹くがあまり強くはない。ただし、ときに台風に襲われることがある。ベトナムのハイフォン港などにとって重要な交通路となっている。

[別技篤彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トンキン湾
トンキンわん
バクボ湾」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トンキン湾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トンキン湾の関連情報

関連キーワード

沿大陸地向斜コク岩バクボ湾コーチシナ東京GCCマルタバン湾ホンジュラス湾湾岸協力会議湾流

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation