@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トーキー(映画)【とーきー】

世界大百科事典 第2版

とーきー【トーキー(映画)】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

トーキー(映画)
とーきー
talkie
発声映画のこと。トーキング・ピクチャーtalking pictureの略。サイレント(無声)映画の対語。厳密には映像と音声が同期した映画をさす。リュミエール兄弟による1895年の初興行以来、しばらくの間、映画フィルムは自らの音を備えていなかった。しかし興行場では弁士が語り、楽師が音楽を演奏しており、かならずしも無音で映画が上映されていたわけではない。その後、映像と音声の同期が試みられた。商業的長編映画として初のトーキー映画は、1927年にアメリカのワーナー・ブラザースが公開した『ジャズ・シンガー』である。これはレコード盤と映写機の同期によるバイタフォン方式によるものであった。翌年ウォルト・ディズニー社がミッキー・マウスのデビュー作としても知られる『蒸気船ウィリー』を発表する。この映画はフィルムそのものに音声情報を記録した、サウンド・トラック方式の最初の作品である。日本では1931年(昭和6)に松竹キネマが製作した『マダムと女房』が本格的トーキー映画第1作とされている。[江口 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トーキー(映画)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トーキー(映画)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation