@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トーニー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トーニー
Taney, Roger Brooke
[生]1777.3.17. メリーランド,カルバート
[没]1864.10.12. ワシントンD.C.
アメリカの政治家,法律家。初めメリーランド州下院で連邦派として活躍したあと,A.ジャクソン派上院議員となり,1831年ジャクソン大統領の司法長官,33年財務長官に就任。「第二合衆国銀行」問題でジャクソン大統領を助けて活躍。 36年 J.マーシャルを継いで第5代の連邦最高裁判所長官となった。マーシャルの連邦政府の権限の拡大を目指す傾向とは逆に,州政府の権限を重視,また 37年の「チャールズ橋事件」では公共の利益に反する会社の権限を押えた。拡大する合衆国西部での奴隷制を問題とした 57年の「ドレッド・スコット判決」では「ミズーリ妥協」と「1850年の妥協」を無効とし,南部に有利で,黒人を市民として認めない内容の判決下し南北対立激化招き南北戦争の重要な原因の一つをつくった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トーニー
Tawney, Richard Henry
[生]1880.11.30. カルカッタ
[没]1962.1.16. ロンドン
イギリスの経済史家,社会思想家。キリスト教的な社会主義の立場から労働問題の研究,労働者教育に尽力。 1906年労働党に入党。 05~32年労働者教育協会 WEAを指導。 31~49年ロンドン大学経済史教授。経済史家としては,現代イギリスの農業問題への関心から発し,チューダー朝時代の農業土地問題を中心とする経済史研究を通じて資本主義社会への批判を行なった。主著『16世紀の土地問題』 The Agrarian Problem in the 16th Century (1912) ,『宗教と資本主義の勃興』 Religion and the Rise of Capitalism (26) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トーニー【Roger Brooke Taney】
1777‐1864
アメリカ合衆国最高裁判所の第4代首席裁判官。在任1836‐64年。メリーランド州生れ。最高裁に入る前は,A.ジャクソンの忠実な支持者であり,ジャクソン大統領の下で法務総裁(1831‐33),財務長官(1833‐34)を務め,ジャクソンが連邦銀行設立の根拠法の有効期間を延長する法案を拒否したときにも,大統領教書執筆にあたっている。1835年に合衆国最高裁判所の陪席裁判官に指名されたときには,彼の政治的立場に対する反対から,上院承認を拒否しており,36年に首席裁判官に指名されたときにも,激論の末かろうじて承認が与えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

トーニー【Richard Henry Tawney】
1880‐1962
イギリスの歴史家,社会思想家,労働運動家。オックスフォード大学に学ぶ。1903年卒業と同時にロンドンの救貧事業施設トインビー・ホール入所。06年労働党入党,同時に設立された労働者教育協会員として成人教育献身。この間,近代イギリスを見直した《16世紀の農業問題》(1912)を執筆,著名な歴史的社会評論《収利の社会》(1921),《宗教と資本主義の興隆》(1926),《平等》(1931)などの想を得る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

トーニー
とーにー
Richard Henry Tawney
(1880―1962)

イギリスの歴史家。インドのカルカッタ(現コルカタ)に生まれる。オックスフォード大学卒業。1906年労働党に入党、労働者教育に携わり社会保障、教育問題などで労働党の政策づくりに寄与した。31年から49年までロンドン大学経済史教授。処女作『16世紀の農業問題』The Agrarian Problem in the Sixteenth Century(1912)はヨーマン層の形成と分解を論じた不朽の名著で、イギリス16、17世紀は「トーニーの世紀」とさえいわれる。ほかにイギリス経済史史料集の編集、『宗教と資本主義の興隆』Religion and the Rise of Capitalism(1926)など多数の業績を残した。

[浜林正夫]

『浜林正夫訳『ジェントリの勃興』(1957・未来社)』『浜林正夫・森本義輝訳『ある歴史家の時代批判』(1975・未来社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トーニー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トーニーの関連情報

関連キーワード

加藤美樹小糸佐七物蕪村ズーフ沼波弄山シェリダンハーキマーアメリカ独立革命史(年表)童子格子

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation