@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

トーリー党【トーリーとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

トーリー党
トーリーとう
Tory
イギリスの政党ホイッグ党と並存。トーリーは,もともとアイルランドの旧教徒の山賊を意味し,チャールズ2世の治世に王位継承排除法案をめぐる議会内の闘争で,これに反対する議員たちに対して,その支持派がニックネームとして使った。この時期以来,トーリー党は王権イギリス国教会の諸特権を支持し,非国教徒とカトリック教徒に対する寛容に反対した。中心勢力は貴族と地主。 1688年の名誉革命には,積極的ではないにせよ従ったが,極右派にはジャコバイトもおり,ハノーバー朝初期には大勢としてホイッグ党に押えられ,政界の野党をなした。 1760年代ジョージ3世の王権回復構想に応じて勢力を回復し,ピット (小)は宮廷派,ホイッグ反対派,国王派を結集してトーリー党を再編成し,近代的議会政党へと成長させた。フランス革命を激しく批判し,暴力的革命に対する国民の警戒心に乗じて 1830年代まで約 50年間ほぼ連続して政権を掌握したが,ナポレオン戦争後,反動的性格が濃くなり国内の政治改革には冷淡になった。 20年代に保守派と自由主義派が党内で対立し,選挙法改正運動をめぐって主流の保守派は敗北を喫したが,R.ピールの巧みな指導下に分裂を避け,30年代再編成を行い,以来,保守党という呼び方が一般化した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

トーリー‐とう〔‐タウ〕【トーリー党】
the Tory》英国の政党。17世紀後半に成立。議会の権利を主張したホイッグ党に対して、王権や国教会を擁護して貴族・地主・聖職者の支持を受けた。1832年の選挙法改正以後、保守党改称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

トーリーとう【トーリー党 Tory Party】
イギリスの保守党の前身。ピューリタン革命期の王党派にその起源を求めることもできるが,通常は1670年代末に国王チャールズ2世の後継者をめぐる対立のなかで,血統による王位継承と国王大権とを擁護しようとした党派をさす。彼らは,カトリックに傾斜しつつあった王弟ヨーク公(のちのジェームズ2世)を王位継承から排除しようとする野党ホイッグ党に対抗した。トーリーという名称はアイルランドの追剝の名をとって反対派が名づけたもの。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

トーリーとう【トーリー党】
王政復古後の一七世紀後半に成立したイギリスの立憲王制の政党。国教会の権威を堅持し、伝統と秩序を重んじる。ピット首相が有名。ホイッグ党と対抗し、1830年代、保守党に発展。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

トーリー党
とーりーとう
イギリスの政党。保守党の前身。1680年ごろ、王弟ジェームズ(後のジェームズ2世)を王位継承者から除こうとする動きに反対した人々が、アイルランドの無法者を意味する「トーリー」Tories(単数形ではTory)の名でよばれたことに由来。国王への無抵抗、王権擁護の立場をとったが、カトリック教徒のジェームズ2世が即位後、国教制を破壊しようとしたため、王権の制限を主張するホイッグ党と協力、名誉革命を行った。地方の地主層を基盤とするトーリー党は、ホイッグ党による商人優遇策や非国教徒への寛容政策に反対した。1714年以降、外来のハノーバー王朝支持派と、それに反対するジャコバイト派に分裂し弱体化したが、ジョージ3世即位(1760)ののちは勢力を回復。とくに1780年代以降ピット(小)政権の与党として新たな発展を遂げ、フランス革命期には革命、改革の危険から「国教会と国王」を守る保守政党という性格を固めた。以後半世紀にわたり政権をほぼ独占したが、1820年代にはカニングなど党内自由主義派と保守派の対立が表面化し、30年には選挙法改正を主張するホイッグ党に政権を奪われた。このころからトーリー党は保守党とよばれ始めるが、「トーリー」の名も用いられている。[青木 康]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

トーリー‐とう ‥タウ【トーリー党】
(トーリーはTory) イギリスの政党。一七世紀後半に成立。ホイッグ党と対抗しつつ近代的議会政治を発展させた。貴族、大地主を基盤に、イギリス国教会を支持し、王権を尊重した。一八三二年保守党と改称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

トーリー党
トーリーとう
the Tories
17世紀末からホイッグ党と対立したイギリスの政党。保守党の前身
1660年の王政復古後,ジェームズ2世の世襲権を認めて国王の大権を支持し,議会主義を説く人たち(ホイッグ)からトーリー(「アイルランドの海賊」の意)とあだ名された。貴族・大地主・高位聖職者の支持を得て,国教主義による王権強化を主張。名誉革命後,ホイッグ党に圧倒されたが,小ピット内閣以来,議会政党として面目を一新し,50年間政権を担当。カニング・ウェリントンの内部対立ののち,ホイッグ党の保守派と結び,1830年以後,ピールの指導のもとに保守党として再生した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トーリー党」の用語解説はコトバンクが提供しています。

トーリー党の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation