@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ト書【トがき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ト書
トがき
脚本のなかで,舞台の説明,人物の動きなどの指定書をいう。や場の最初に舞台の情景の説明があるが,これを「舞台書」という。江戸歌舞伎では「本舞台三間 (さんげん) の間」,上方では「造り物正面」と書出す形式が一定していた。これに対して,せりふとせりふの間に「,泣く」とか,「ト,思い入れ」というふうに,多くの場合「ト」のをつけて動作の説明が記された。これがト書である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

と‐がき【ト書(き)】
脚本で、登場人物の出入り・動き、場面の状況や照明・音楽・効果などの指定をせりふの間に書き入れたもの。歌舞伎脚本で、「ト思入れあって…」などと「ト」を用いたところからいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ト書
とがき

演劇脚本用語。台詞(せりふ)以外に登場人物の出入り、動き、心理、状況や照明、音楽、効果などの演出的要素を指定して書いた部分をいう。歌舞伎(かぶき)脚本で「ト思入(おもいい)れあって」というように、かならず頭にトと書いたのが名称の始まり。なお、竹本では、〽と立出(たちい)ずれば、のように単純な動きだけを表現したものを「ト書浄瑠璃(じょうるり)」とよび、近代劇では、舞台装置や場面の状況を指定した部分を「舞台書」とよぶことがある。

[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

と‐がき【ト書】
〘名〙 演劇脚本で、せりふに添えて演技、演出、舞台装置などの説明を書き示したもの。歌舞伎脚本などで「ト幕明く」「ト思入れあって」などと書いたところからいう。〔絵本戯場年中鑑(1803)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ト書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ト書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation