@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ドイジー【どいじー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ドイジー
どいじー
Edward Adelbert Doisy
(1893―1986)

アメリカの生化学者。イリノイ大学、ハーバード大学に学ぶ。1923年セントルイス大学医学部教授。アレンEdgar Allen(1892―1943)とともに発情ホルモンを研究し、卵巣からエストロンを分離した。また、マッコーコデールDonald William MacCorquodale、セイヤーSydney Thayerとともに1935年ブタの卵巣中にエストラジオールを発見するなど、性ホルモンに関する多くの業績を残した。1939年、ムラサキウマゴヤシ(アルファルファの一種)および腐敗した魚肉から2種類のビタミンK活性物質を取り出し、ビタミンK1・K2と名づけた。K1の単離には同年C・P・H・ダムも成功している。ついでK1・K2の物理化学的性質を調べ、その構造を決定し、さらにビタミンK1の合成に成功した。これらの業績に対して1943年ダムとともにノーベル医学生理学賞を授与された。

[石館三枝子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ドイジー
(Edward Adelbert Doisy エドワード=アデルバート━) アメリカの生化学者。性ホルモンとビタミンKの研究で著名。一九四三年ノーベル生理学・医学賞を受賞。(一八九三‐一九八六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ドイジー
ドイジー
Doisy, Edward Adelbert

アメリカの生化学者.1916年イリノイ大学で修士号を取得.その後,ハーバード大学へ移り,1920年Ph.D.を取得.アメリカ陸軍衛生隊,ワシントン大学を経て,1923年セントルイス大学の生化学教授となった.女性ホルモンであるエストロン(1929年),エストリオール(1930年),エストラジオール(1935年)の単離に成功した後,1939年デンマークの生化学者Henrik Damとは独立にビタミンKの分離および合成に成功した.さらに,ビタミンKがアルファルファから分離された K1 と,魚肉から分離された K2 とに区別されることを明らかにした.この功績により,1943年Damとともにノーベル生理学医学賞を受賞した.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドイジー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ドイジーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation